Batch Compute

大規模なバッチ処理のためのリソース管理とタスクスケジューリングを実行します。

Batch Compute は、大規模な同時バッチ処理を実行するためのクラウドサービスです。リソースの管理、タスクのスケジューリング、データの読み込み、使用量に応じた課金を自動的に行います。
Batch Compute は、科学計算、遺伝データ分析、コンピューターグラフィックスのレンダリング、メディアのトランスコード、金融データ分析などのシナリオで広く使用されています。

強み

大規模なバッチ処理
数万に及ぶコアでタスク処理を高速化します。
使いやすさ
リソース管理とジョブのスケジューリングは自動で行われ、わずかなコマンドまたは API 呼び出しでタスクを送信できます。
分散キャッシング技術
独自の分散キャッシング技術により、大規模な共有データに高速にアクセスできます。
豊富なアプリケーションシナリオ
メディアのレンダリングや遺伝データ分析などのアプリケーションシナリオで、エンドツーエンドのソリューションを提供します。

特徴

柔軟なリソース管理とタスクスケジューリング
Batch Compute は、タスクの要件に応じて VM インスタンスを動的に作成およびリリースするため、1 回のコマンド実行または API 呼び出しにより数千のインスタンスを起動できます。リザーブドクラスターでは、優先度に基づくタスクのスケジューリングにより、タスク管理の要件を柔軟に満たすことができます。
有向非巡回グラフを使用してワークフローを構成
Batch Compute では、タスクごとに依存関係を指定して複雑なワークフローを構築できます。また、使いやすい設定ファイルでワークフローを構築できる CLI も用意されています。
分散データキャッシュを使用した I/O 高速化
Batch Compute では、独自の分散キャッシュ技術により共有データへのアクセスを高速化できます。多数のインスタンスが、OSS または NAS に保存された共通データに同時にアクセスするようなタスクのパフォーマンスが大幅に向上します。
ファイルシステムインターフェースでオブジェクトストレージにアクセス
Batch Compute では、OSS のパスを VM インスタンスのローカルパスにマウントできます。追加のプログラミングを必要とすることなく、プログラムから OSS のデータを標準ファイルとして操作できます。
スポットインスタンスでコンピューティングコストを削減
Batch Compute では、スポットインスタンスを活用してコンピューティングコストを削減できます。タスクの終了前にスポットインスタンスがリリースされた場合でも、タスクは自動的に再実行されるため、管理の手間が増えることはありません。
柔軟にカスタマイズ可能なコンピューティング環境
Batch Compute では、Docker または VM イメージでプログラムをデプロイできるため、コンピューティング環境を自在にカスタマイズできます。

適用シナリオ

お客様のための高品質なサポート

1 対 1 のプリセールスコンサルティング、24 時間 365 日のテクニカルサポート、より迅速な対応、増量されたチケット

1 対 1 のプリセールスコンサルティング

経験豊富なクラウドの専門家によるコンサルティング。詳細を見る

24 時間 365 日のテクニカルサポート

サービスの時間帯を 24 時間 365 日 に拡大。詳細を見る

四半期ごとの無料チケットが 6 件に

四半期ごとの無料チケットを倍増。詳細を見る

より迅速な対応

アフターサービスの応答時間を 36 時間から 18 時間に短縮。 Learn More