Cloud Storage Gateway

Cloud Storage Gateway は、バックエンドのクラウドベースの
ストレージに OSS を使用し、業界標準のファイルおよび
ブロックストレージプロトコルをサポートしています。

メリット

  • デプロイの柔軟性

    Cloud Storage Gateway は、
    ローカルのデータセンター、クラウドの ECS インスタンスの両方にデプロイすることができます。

  • すぐに使用可能

    すぐにデプロイできます。
    コーディングは不要です。

  • スピードと拡張性

    ローカルストレージのスピードと利便性に、クラウドのスケーラビリティと信頼性をプラスしました。

  • プロトコル変換

    ファイルプロトコルのNFS、CIFS、およびブロックプロトコルのiSCSIが利用可能です。これらのプロトコルはOSSをベースとしています。

特徴

インテリジェントなハイパフォーマンスキャッシュ

Cloud Storage Gateway では、ローカルキャッシュモードで柔軟なキャッシュポリシーを設定し、クラウドとのデータ同期をスムーズに実行できます。
マルチスレッド化および非同期操作により、高い入出力パフォーマンスを実現します。

柔軟な設定

Cloud Storage Gateway はキャッシュモードとライトスルーモードの両方をサポートしています。ローカルキャッシュにデータを保存して後からクラウドに同期することも、直接クラウドにデータを書き込むことも可能です。

ストレージ層の自動選択

キャッシュモードでは、データは使用頻度に基づいて自動的にローカルストレージまたはクラウドに保存されます。

クロスプラットフォーム

Cloud Storage Gateway は、NFS、CIFS、iSCSI ストレージプロトコルをサポートしています。
また、ECS インスタンス、Hyper-V、KVM、VMware 仮想マシンへのゲートウェイのデプロイなど、さまざまなデプロイモデルもサポートしています。

さまざまなデプロイモデル

Cloud Storage Gateway は、VMware、VHD、Qcow2、Raw 仮想マシンイメージ上でのデプロイをサポートしています。ECS へのデプロイも可能です。

主なファイル及びストレージプロトコルとの高い互換性

Cloud Storage Gateway は、NFS、CIFS、iSCSI ストレージプロトコルをサポートし、Windows および Linux に対応しています。

高効率のデータ伝送と検証

Cloud Storage Gateway は、マルチスレッド化された非同期パターン操作でデータを同期し、整合性チェックを自動で実行します。

高効率

Cloud Storage Gateway は、マルチスレッド化された非同期パターン操作でのデータ同期をサポートし、ブレークポイントデータ転送に対応します。

整合性

Cloud Storage Gateway は、MD5 アルゴリズムに基づいて、自動的にデータの整合性を確保します。

堅牢なログおよびモニタリングシステム

Cloud Storage Gateway は、詳細なログおよびさまざまなモニタリングメトリクスを使用して、ストレージゲートウェイとクラウド間のすべての操作を記録できます。

エンドツーエンドのモニタリング

Cloud Storage Gateway では、
ストレージゲートウェイと Object Storage Service (OSS) 間のすべての操作が記録されます。

シナリオ

高品質なサポート

1 対 1 のプリセールスコンサルティング、24 時間体制のテクニカルサポート、迅速な応答、チケット増量

1 対 1 のプリセールス
コンサルティング

経験豊富なクラウドエキスパートによるコンサルティング。 詳細を見る

24 時間体制の
テクニカルサポート

週 5 日 10 時間から 24 時
間 365 日にサービス時間を
延長。 詳細を見る

各四半期に 6 枚の無料
チケット

無料チケットの数を、四半期ごとに 3 枚から 6 枚に倍増。 詳細を見る

迅速な応答

販売後の応答時間を 36 時間から 18 時間に短縮。
詳細を見る