すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

ApsaraDB RDS:モニタリング頻度の設定

最終更新日:Jan 18, 2024

このトピックでは、ApsaraDB RDS for MySQLインスタンスのモニタリング頻度を設定する方法について説明します。 ApsaraDB RDSは、3つのモニタリング頻度を提供します。

重要
  • モニタリング頻度は、[レガシーモニタリング] タブでのみ設定できます。 いくつかのモニタリング周波数を設定すると課金されます。

  • [標準モニタリング] タブでモニタリング頻度を設定することはできません。 [標準モニタリング] タブのメトリクスは無料です。

背景情報

ApsaraDB RDSは、次のモニタリング頻度を提供します。

  • 5秒ごと (有料機能)

  • 60秒ごと

  • 300秒ごと

説明

ApsaraDB RDSでは、直近の30日間のモニタリングデータをクエリできます。 30日を超える期間のモニタリングデータをクエリできない場合があります。

次の表に、サポートされているモニタリング頻度を示します。

インスタンスタイプ

5秒ごと

60秒ごと

すべての300秒

メモリ容量が8 GB未満のRDS High-availability EditionまたはRDS Enterprise Edition

非対応

無料でサポート

無料でサポートされています (これはデフォルトの監視頻度です) 。

メモリ容量が8 GB以上のRDS High-availability EditionまたはRDS Enterprise Edition

必要な料金でサポート

無料でサポートされています (これはデフォルトの監視頻度です) 。

無料でサポート

RDSベーシックエディション

サポートされていない

非対応

無料でサポートされています (これはデフォルトの監視頻度です) 。

RDSクラスターエディション

非対応

無料でサポート

無料でサポート

説明

RDSインスタンスがクラウドディスクを使用している場合、モニタリング頻度は60秒ごとに固定されます。 モニタリング頻度の変更は有効になりません。

別のデータベースエンジンを実行するRDSインスタンスのモニタリング頻度を設定する方法の詳細については、以下のトピックを参照してください。

課金

  • 請求可能なアイテム: 5秒ごとのモニタリング頻度。

  • 課金方法: 従量課金方法に基づいて課金され、料金は1時間に1回差し引かれます。

  • 価格: 1時間あたりUSD 0.012

手順

  1. [インスタンス] ページに移動します。 上部のナビゲーションバーで、RDSインスタンスが存在するリージョンを選択します。 次に、RDSインスタンスを見つけ、インスタンスのIDをクリックします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[モニタリングとアラート] をクリックします。

  3. [レガシーモニタリング] タブをクリックします。

    説明

    サポートされているメトリックの詳細については、「ApsaraDB RDS For MySQLインスタンスのメトリックの表示」をご参照ください。

  4. モニタリング頻度の設定 をクリックします。

  5. モニタリング頻度の設定 ダイアログボックスでモニタリング頻度を選択し、[OK] をクリックします。

    説明

    60秒ごとおよび300秒ごとのモニタリング頻度は無料でサポートされます。 ただし、5秒ごとのモニタリング頻度には追加料金がかかります。 詳細は、次を参照してください。課金方法

    RDS インスタンスが 5 秒ごとのモニタリング頻度をサポートしていない場合、モニタリング頻度の設定 ダイアログボックスにメッセージが表示されます。

関連する操作

操作

説明

インスタンスのモニタリング頻度を照会します。

インスタンスのモニタリング頻度を照会します。