IoT Java SDK を使用すると、IoT Platform との対話を容易にするための Java アプリケーションを作成できます。

IoT Java SDK のインストール

  1. Java 開発環境をインストールします。

    Java IDE は Java 公式ウェブサイトからダウンロードし 以下の指示を実行すればインストールできます。

  2. IoT Java SDK のインストール
    1. Apache Maven 公式ウェブサイトにアクセスして Maven インストールパッケージをダウンロードします。
    2. Maven の依存関係を追加します。
      IoT Java SDK 依存関係の Maven 座標
      <! -- https://mvnrepository.com/artifact/com.aliyun/aliyun-java-sdk-iot -->
      <dependency>
          <groupId>com.aliyun</groupId>
          <artifactId>aliyun-java-sdk-iot</artifactId>
          <version>6.6.0</version>
      </dependency>
      パブリックライブラリ
      <dependency>
          <groupId>com.aliyun</groupId>
          <artifactId>aliyun-java-sdk-core</artifactId>
          <version>3.5.1</version>
      </dependency>

SDK の初期化

以下の例では、中国 (上海) リージョンと対応するエンドポイントを使用しています。 SDK を使用するには、IoT Platform のリージョンとサービスのエンドポイントを指定する必要があります。
String accessKey = "<your accessKey>";
String accessSecret = "<your accessSecret>";
DefaultProfile.addEndpoint("cn-shanghai", "cn-shanghai", "Iot", "iot.cn-shanghai.aliyuncs.com");
IClientProfile profile = DefaultProfile.getProfile("cn-shanghai", accessKey, accessSecret);
DefaultAcsClient client = new DefaultAcsClient(profile); //Initialize the SDK

accessKeyId はお客様のアカウントの AccessKeyId、accessSecret は AccessKeyId と対になっている AccessKeySecret です。 AccessKey を作成または閲覧するには コンソールの AccessKey ページを訪問できます。

呼び出しの開始

以下の例では、Pub 操作を呼び出してデバイスにデータをパブリッシュする方法を示します。

PubRequest request = new PubRequest(); 
request.setProductKey("productKey"); 
request.setMessageContent(Base64.encodeBase64String("hello world".getBytes())); 
request.setTopicFullName("/productKey/deviceName/get"); 
request.setQos(0); //support QoS0 and QoS1 
try 
{ 
   PubResponse response = client.getAcsResponse(request); 
   System.out.println(response.getSuccess()); 
   System.out.println(response.getErrorMessage());
} 
catch (ServerException e) 
{
   e.printStackTrace();
}
 catch (ClientException e)
{
   e.printStackTrace();
}