本ドキュメントでは、マップ上に散在する点の密度を表示するようにグリッドヒートマップレイヤーを設定する方法について説明します。

前提条件

グリッドヒートマップレイヤーの子ウィジェットが基本的なフラットマップに追加され、ウィジェットのパラメータが設定されます。 詳細については、「 マップコンテナ 」をご参照ください。

構成プレーンの設定

  • Cell Size :スライダをドラッグするか値を入力して、アイコンのサイズを設定します。 設定したグリッドサイズとデータの値の範囲に基づいて、DataV はすべてのアイコンの数と位置を計算します。
  • Classify Color Count :スライダをドラッグするか値を入力して、 カラーグラデーションレベルの数 ( From ColorEnd Color の間のレベル) を設定します。 各アイコンは点の分布に従って表示されます。
  • From Color :点の色分布が開始するアイコンの色を設定します。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。 点の緯度と経度に基づいて、DataV は点が配置されているアイコンを計算します。 点の数の最も多いアイコンが開始アイコンです。
  • End Color :点の色分布が終了するアイコンの色を設定します。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。 点の緯度と経度に基づいて、DataV は点が配置されているアイコンを計算します。 点の数が最も少ないアイコンが終了アイコンです。
    開始アイコンと終了アイコンの間にあるアイコンの色は、ご自身で設定した Classify Color CountFrom ColorEnd Color で決定します。
  • Border Width :スライダをドラッグするか値を入力して、アイコンの枠幅を設定します。
  • Border Color :アイコンの枠の色を設定します。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。

データプレーンの設定

  • lng :点の経度を設定します。
  • lat :点の緯度を設定します。

インタラクションプレーンの設定

設定は必要ありません。