ApsaraDB RDS for SQL Serverは、内部エンドポイントとパブリックエンドポイントの2種類のエンドポイントをサポートしています。デフォルトでは、RDSインスタンスに接続するために使用される内部エンドポイントが提供されます。インターネット経由でRDSインスタンスに接続したい場合は、パブリックエンドポイントを申請する必要があります。

イントラネットエンドポイントとインターネットエンドポイント

エンドポイントの種類 説明
イントラネットアドレス
  • デフォルトで内部エンドポイントが提供されます。このエンドポイントを申請する必要はありません。また、このエンドポイントを解放することはできません。ただし、RDSインスタンスのネットワークタイプを変更することは可能です。
  • Elastic Compute Service (ECS) インスタンスが同じ地域に存在し、RDS インスタンスと同じネットワークタイプを持つ場合、これらのインスタンスは内部ネットワークを介して通信することができます。アプリケーションがそのようなECSインスタンスにデプロイされている場合、パブリックエンドポイントを申請する必要はありません。詳細については、以下を参照してください。Change the network type of an ApsaraDB RDS for SQL Server instance.
  • セキュリティとパフォーマンスの観点から、内部エンドポイントを使用してRDSインスタンスに接続することをお勧めします。
パブリックエンドポイント
  • インターネットエンドポイントを取得するには、そのための申請が必要です。 このエンドポイントは、不要になった場合に解放することができます。
  • 内部エンドポイントを使用してRDSインスタンスに接続できない場合、パブリックエンドポイントを申請する必要があります。これには、次のシナリオが含まれます。
    • RDSインスタンスと異なる地域に存在する、または異なるネットワークタイプを持つECSインスタンスから、RDSインスタンスに接続します。詳細については、以下を参照してください。 Change the network type of an ApsaraDB RDS for SQL Server instance.
    • Alibaba Cloudの外のデバイスからRDSインスタンスに接続します。
説明
  • パブリックエンドポイントまたは消費されたトラフィックに対しては課金されません。
  • パブリックエンドポイントを使用してRDSインスタンスに接続すると、セキュリティが侵害されます。 操作は慎重に行ってください。
  • RDSインスタンスと同じリージョンにあり、同じネットワークタイプを持つECSインスタンスにアプリケーションを移行することを推奨します。 これにより、内部エンドポイントを使用してRDSインスタンスに接続できます。 接続は送信を促進し、セキュリティを向上させます。

手順

  1. RDSインスタンスにアクセスし、上部のリージョンを選択し、対象のRDSインスタンスのIDをクリックします。
  2. 左側のナビゲーションペインで データベースの接続 をクリックします。
  3. RDSインスタンスのパブリックエンドポイントを申請またはリリースします。
    • パブリックエンドポイントを申請していない場合は、[パブリックエンドポイントに申請] をクリックします。
    • パブリックエンドポイントを申請した場合は、[パブリックエンドポイントのリリース] をクリックします。
  4. 表示されたメッセージボックスで、[OK] をクリックします。

関連する操作

操作 説明
インターネットアドレスの申請 ApsaraDB RDSインスタンスのパブリックエンドポイントに適用されます。
Release a public endpoint ApsaraDB RDSインスタンスのパブリックエンドポイントをリリースします。