ここでは、スケジュール済みタスクの定義と作成方法について説明します。

スケジュール済みタスクは、入力パラメーターに従って、最大 20 個まで作成できます。

スケジュール済みタスクとは

スケジュール済みタスクとは、指定した時間に指定したスケーリングルールを実行するデフォルトのタスクを指します。 したがって、ビジネスニーズを満たし、コストを管理するために、コンピューティングリソースが自動的にスケールアップまたはスケールダウンされます。 また、柔軟なルールでビジネスの変化に対応できるように、スケジュール済みタスクの繰り返し周期を指定することもできます。

1 つのアカウントで作成できるスケジュール済みタスクの数には、制限があります。 「数量制限」をご参照ください。
  1. <p class="p">スケーリンググループでは、一度に 1 つのスケーリングアクティビティしか実行できないため、1 つのスケーリングルールが失敗した場合に自動的に再試行する機能により、スケジュール済みタスクの結果を保証します。
  2. 実行対象のスケジュール済みタスクが 1 分間に複数存在する場合、最後に作成されたスケジュール済みタスクが実行されます。
  3. </p>
  4. </section>
  5. <section class="section">
  6. <h2 class="title sectiontitle" id="h2-url-2">手順</h2>
  7. <p class="p">スケジュール済みタスクを作成するには、次の手順に従います。</p>
  8. <ol class="ol">
  9. <li class="li" cond-props="china intl"><a title="" href="https://essnew.console.aliyun.com/">Auto Scaling コンソール</a>にログインします。
  10. </li>
  11. <li class="li">[<span class="ph uicontrol">自動トリガータスク</span>] を選択して、[<span class="keyword wintitle">スケジュール済みタスク</span>] ページに移動します。[<span class="ph uicontrol">スケジュール済みタスクの作成</span>] をクリックします。<br><img class="image" id="image-o1y-ztr-5fb" src="http://static-aliyun-doc.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/assets/img/40597/156171745932049_ja-JP.png"><br></li>
  12. <li class="li">[<span class="keyword wintitle">スケジュール済みタスクの作成</span>] ダイアログボックスで、タスク名、実行時刻、スケーリングルール、再試行有効期限 (オプション)、繰り返し周期 (オプション) を指定します。 後で参照するための説明を追加することもできます。
  13. [<span class="ph uicontrol">送信</span>] をクリックします。<br><img class="image" id="image-wtz-15r-5fb" src="http://static-aliyun-doc.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/assets/img/40597/156171745932050_ja-JP.png"><br><div class="note note note-note">
  14. <div class="note-icon-wrapper"><i class="icon-note note"></i></div>
  15. <div class="note-content"><strong></strong> スケジュール済みタスクの属性については、「<a title="" href="#section-jqh-zyc-sfb">スケジュール済みタスクの属性</a>」をご参照ください。
  16. </div>
  17. </div>
  18. </li>
  19. </ol>
  20. </section>
  21. <section class="section" id="section-jqh-zyc-sfb">
  22. <h2 class="title sectiontitle" id="h2-url-3">スケジュール済みタスクの属性</h2>
  23. <table class="table" id="table-ozj-1zc-sfb">
  24. <caption></caption>
  25. <colgroup>
  26. <col>
  27. <col>
  28. <col>
  29. </colgroup>
  30. <thead class="thead">
  31. <tr>
  32. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-ozj-1zc-sfb-entry-1">属性名</th>
  33. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-ozj-1zc-sfb-entry-2">説明</th>
  34. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-ozj-1zc-sfb-entry-3"></th>
  35. </tr>
  36. </thead>
  37. <tbody class="tbody">
  38. <tr>
  39. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">タスク名</td>
  40. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">名前は 2〜40 文字で指定しなければなりません。 小文字、数字、または漢字で始める必要があります。 "."、","、"-" を使用できます。</td>
  41. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">st-yk201808301442</td>
  42. </tr>
  43. <tr>
  44. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">説明</td>
  45. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケジュール済みタスクの目的、機能などの情報を記述します。</td>
  46. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">PV は月の初めに大きいです。 3 つのインスタンスを追加します。</td>
  47. </tr>
  48. <tr>
  49. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">実行時刻</td>
  50. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケジュール済みタスクをトリガーする時刻</td>
  51. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">00:00, September 2, 2018</td>
  52. </tr>
  53. <tr>
  54. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケーリングルール</td>
  55. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケーリングルールの名前です。タスクがトリガーされたときに実行するスケーリング操作を指定します。</td>
  56. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">add3</td>
  57. </tr>
  58. <tr>
  59. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">再試行有効期限 </td>
  60. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">時間の範囲は、0 秒〜21,600 秒 (6 時間) です。 指定した時刻にスケーリング操作の実行に失敗した場合、スケジュール済みタスクは、再試行有効期限まで繰り返し実行されます。</td>
  61. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">600</td>
  62. </tr>
  63. <tr>
  64. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">繰り返し周期</td>
  65. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケジュール済みタスクを繰り返し実行する周期です。 毎日、毎週、毎月のいずれかです。 異なる要件が必要な場合は、<a title="" href="#section-jw5-jzc-sfb">Cron 式</a>を使用します。
  66. </td>
  67. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">毎月
  68. <p class="p">毎月 2 日から 3 日に実行されます。</p>
  69. </td>
  70. </tr>
  71. <tr>
  72. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">繰り返し終了時刻</td>
  73. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">スケジュール済みタスクの繰り返し実行を停止する時刻です。</td>
  74. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">00:00, September 30, 2018</td>
  75. </tr>
  76. </tbody>
  77. </table>
  78. </section>
  79. <section class="section" id="section-jw5-jzc-sfb">
  80. <h2 class="title sectiontitle" id="h2-url-4">Cron 式</h2>
  81. <p class="p">Cron 式では、UTC + 0タイムゾーンが使用されます。 システム時間を中国の現地時間に変換する際、8 時間を追加する必要があります。 また、Cron 式の初回実行時間は繰り返し終了時間より短くしなければなりません。そうしないと、スケジュール済みタスクは作成されません。</p>
  82. <p class="p">Cron 式は、スペースで区切られた文字列です。 5 から 7 つのフィールドに分けられます。 現在、Auto Scaling のスケジュール済みタスクでは、分、時、日、月、週の
  83. 5 フィールドの Cron 式を使用できます。 以下の表に、値の範囲を示します。
  84. </p>
  85. <table class="table" id="table-z2z-lzc-sfb">
  86. <caption></caption>
  87. <colgroup>
  88. <col>
  89. <col>
  90. <col>
  91. </colgroup>
  92. <thead class="thead">
  93. <tr>
  94. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-z2z-lzc-sfb-entry-1">フィールド</th>
  95. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-z2z-lzc-sfb-entry-2">必須かどうか</th>
  96. <th class="entry align-left colsep-1 rowsep-1" id="concept-25904-zh-table-z2z-lzc-sfb-entry-3">有効値</th>
  97. </tr>
  98. </thead>
  99. <tbody class="tbody">
  100. <tr>
  101. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1"></td>
  102. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">はい</td>
  103. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">[0, 59]</td>
  104. </tr>
  105. <tr>
  106. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1"></td>
  107. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">はい</td>
  108. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">[0, 23]</td>
  109. </tr>
  110. <tr>
  111. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1"></td>
  112. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">はい</td>
  113. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">[1, 31]</td>
  114. </tr>
  115. <tr>
  116. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1"></td>
  117. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">はい</td>
  118. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">[1, 12]</td>
  119. </tr>
  120. <tr>
  121. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1"></td>
  122. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">はい</td>
  123. <td class="entry align-left colsep-1 rowsep-1">[0, 7]; Sunday = 0 or 7</td>
  124. </tr>
  125. </tbody>
  126. </table>
  127. <p class="p">フィールドには複数の値を入力できます。</p>
  128. <ul class="ul" id="ul-yvc-nzc-sfb">
  129. <li class="li">複数の値を指定するには、カンマ (,) を使用します。 たとえば、1, 3, 4, 7, 8 と入力します。</li>
  130. <li class="li">値の範囲は "-" を使用して指定します。 たとえば、1-6 と指定します。 1, 2, 3, 4, 5, 6 と指定するのと同じ結果になります。</li>
  131. <li class="li">任意の値を指定する場合は、アスタリスク (*) を使用します。 たとえば、時フィールドのアスタリスクは各時間を表し、結果は 0-23 と同じです。</li>
  132. <li class="li">間隔を指定する場合は、スラッシュ (/) を使用します。 たとえば、時フィールドに 0-23/2 と入力すると、2 時間ごとに実行されることを示します。 スラッシュ
  133. (/) はアスタリスク (*) と一緒に使用できます。 たとえば、時フィールドに */3 と入力すると、3 時間ごとに実行されることを示します。
  134. </li>
  135. </ul>
  136. </section>
  137. </div>
  138. </article>
  139. </main>