ApsaraDB for POLARDB イベントの処理が保留されている場合、コンソールでタイムリーにイベントを処理するよう通知されます。

ApsaraDB for POLARDB の O&M イベント (データベースソフトウェアのアップグレードイベント、ハードウェアのメンテナンス、およびアップグレードイベントなど) の場合、SMS メッセージ、電話、E メール、または内部メッセージだけでなく、コンソールでも通知されます。 イベントタイプ、タスク ID、クラスター名、切り替え時間など、各イベントの詳細を表示できます。 切り替え時間を変更することもできます。

前提条件

未処理の O&M イベントがあること。
未処理の O&M イベントがある場合は、 [保留中のイベント] ページで、通知を確認できます。
保留中のイベント

切り替え時間の変更

  1. ApsaraDB for POLARDB コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで [保留中のイベント] をクリックします。
    切り替え時間を予約する必要がある O&M イベントの場合、ダイアログボックスが表示され、できるだけ早く予約を完了するように求められます。
  3. [保留中のイベント] ページで、処理するイベントのタイプを選択します。
    異なるタイプのイベントのタブには、異なる通知が表示されます。
    通知
  4. イベントリストでイベントの詳細を表示します。 切り替え時間を変更するには、イベントを選択して、 [切り替え時間の変更] をクリックします。 表示されるダイアログボックスで、切り替え時間を設定し、[OK] をクリックします。
    切り替え時間は、許可されている最後の操作時間より遅くすることはできません。

履歴イベント

完了したイベントは、[イベント履歴] ページで表示できます。

履歴イベント