Tracing Analysis

分散型アプリケーションの開発者は、パフォーマンスボトルネックの原因を
すばやく特定して分析することができます。

エンドツーエンドの
トレース分析

Tracing Analysis では、開発者による分散アプリケーションのパフォーマンスボトルネック特定を支援するさまざまなツールが用意されています。 マイクロサービスアーキテクチャを使用するアプリケーションの開発およびトラブルシューティングを効率化できます。 用意されたツールは、トレースのマッピング、トレースのトポロジ、アプリケーションの依存関係の分析、リクエスト数の計算に使用できます。

Tracing Analysis を使用するには、Log Service を有効にする必要があります。 Tracing Analysisサービスを提供するために消費されるLog Serviceのリソースに対しては、費用を支払う必要はありません。

ステップバイステップでのトレース

分散アプリケーションのトラブルシューティングを効率化できます。 トラブルシューティングに必要なログを取得するために、マシンごとにログインする必要はありません。

オープンソースシステムとの高い互換性

Zipkin、Jeager、OpenTracing など、オープンソースの SDK を使用してトラッキングポイントを指定できます。

低コスト

Tracing Analysis の課金方法は従量課金です。 自社でオープンソースシステムを構築する場合と比較して、費用を 5 分の 1 まで削減できます。

特徴

分散型トレースに基づいたトラブルシューティングとデータの取得

分散型アーキテクチャのアプリケーションに対するすべてのユーザーリクエストを追跡し、トラブルシューティングおよびデータ取得に必要なサービスコールの概要を提供します。

RPC トレース

マイクロサービスアーキテクチャを使用するアプリケーションに対するすべてのユーザーリクエスト (HTTP、Dubbo、HSF など) を追跡します。

PaaS のトレース

SQL データベース、NoSQL データベース、メッセージキューイングシステム、その他の互換システムに対する PaaS サービスコールを追跡します。

ほぼリアルタイムでパフォーマンスデータを統合

アプリケーションに対するすべてのユーザーリクエストを追跡し、アプリケーションおよび対応するインターフェイスのパフォーマンスを分析します。

幅広い統計の粒度に対応

アプリケーションレベル、またはサービスレベルのデータなど、幅広い統計の粒度のパフォーマンスデータを統合します。

ほぼリアルタイムで統合

更新周期 1 分未満の、ほぼリアルタイムでパフォーマンスデータを統合します。

分散型トレース・トポロジーのリアルタイムでの検出

マイクロサービスアーキテクチャ上に構築された分散アプリケーションに対するサービスコール、および基盤となる PaaS サービスコールの情報を収集します。

高精度

レポートされた情報に基づくほぼリアルタイムのトレースデータトポロジーにより、トポロジーの精度が保証されます。

複数プログラミング言語をサポート

Jaeger、Zipkin、SkyWalking など、複数のオープンソース APM システムとの互換性を備えています。 Tracing Analysis は、オープンソースの OpenTracing プロジェクトに基づいて開発されています。

直接的なデータレポーティング

複数のプログラミング言語のSDKを使用して、サポートされているプロトコルに基づいてデータ消費プラットフォームにトレースデータをレポートできます。

間接的なデータレポーティング

複数プログラミング言語の SDK を使用してデータを処理し、消費プラットフォームに送信するエージェントにトレースデータをレポートできます。

多様なサービスとの統合

MaxCompute などのデータ分析プラットフォームとの統合をサポートしています。 データ分析プラットフォームにデータを送信することなく、ログ分析用のトレースデータを消費することもできます。

アラートのレポーティング

CloudMonitor との統合をサポートし、モニタリングデータに基づくアラートレポーティング実行できます。

ビッグデータ分析

MaxCompute との統合をサポートし、データマイニングを実行できます。

シナリオ

高品質なサポート

1 対 1 のプリセールスコンサルティング、24 時間体制のテクニカルサポート、迅速な応答、チケット増量

1 対 1 のプリセールス
コンサルティング

経験豊富なクラウドエキスパートによるコンサルティング。 詳細を見る

24 時間体制の
テクニカルサポート

週 5 日 10 時間から 24 時
間 365 日にサービス時間を
延長。 詳細を見る

各四半期に 6 枚の無料
チケット

無料チケットの数を、四半期ごとに 3 枚から 6 枚に倍増。 詳細を見る

迅速な応答

販売後の応答時間を 36 時間から 18 時間に短縮。
詳細を見る