AliwareMQ for IoT

IoT およびモバイルインターネット向けのメッセージサービスです。

AliwareMQ for IoT は、IoT およびモバイルインターネットに特化されたメッセージサービスです。 ライブストリーミング、金融決済、スマートケータリング、インスタントメッセージング、携帯アプリ、スマートデバイス、IoV (車両インターネット) など、様々なシナリオに適用できます。 Message Queue for MQTT は、MQTT および WebSocket など、複数のプロトコルをサポートし、デバイスとクラウド間の双方向通信が可能です。 C2C、C2B、B2C など、複数のビジネスモデル間でメッセージを交換し、すべてをインターネットで接続できます。

ソリューションの特徴

オープンソースプロトコル

mqtt、websocket、GB 808、電気自動車用の GB/T32960 をサポートし、追加の技術的要件はありません。

シームレスな移行

MQTT 3.1.1 をサポートする任意の SDK をサポートし、Java、.NET、C ++、PHP、iOS、Android、JavaScript、nodeJS、Go など、複数の開発言語を使用する複数のモバイル開発プラットフォームでサポートされています。

ハイパフォーマンス

数千万のオンラインデバイスを収容し、同時に発生する数百万のメッセージを処理できます。 このサービスは、兆単位のメッセージを処理し、ミリ秒単位で応答する能力を備えています。 また、分散設計により、単一障害点が解消されています。 各コンポーネントの水平スケールアウトに上限が設けられていないため、必要に応じて迅速に処理能力を柔軟にスケールできます。

高セキュリティと信頼性

デバイスごとの権限管理、一時的なトークンサービス、暗号化されたSSL/TLS伝送をサポートし、データの安全性と信頼性を確保します。

Message Queue との相互接続

Message Queue for MQTT と Message Queue 間のメッセージ交換をサポートし、デバイスとクラウド間の双方向通信が可能となるため、 効率と可用性が向上します。

特徴

標準 IoT プロトコル

オープンソースで使いやすいプロトコルで、複数のプラットフォームに対応しており、すべてのモバイルインターネットやIoT機器の接続に使用することができます。

Pub/Sub

Pub/Sub モデルをサポートし、1 対多のメッセージ配信を実行します。

P2P

P2P モデルをサポートし、効率的で費用対効果の高い ポイント間のメッセージ配信を実行します。

低消費

オーバーヘッドが小さく、最小限のプロトコル交換で行う軽量のデータ送信をサポートし、ネットワークトラフィックを最小化します。

3 種類の QoS レベル

ビジネスシナリオに基づいて、メッセージ配信に 3 種類の QoS レベルを適用できます。

最大で 1 回配信

一部のメッセージが失われることを許可します。
メッセージは最大で 1 回だけ送信されます。

少なくとも 1 回配信

すべてのメッセージが受信されることを保証します。 配信の重複を許可します。

1 回のみ配信

メッセージの重複または欠落が発生しません。

強力な O&M 機能

強力、便利、かつ使いやすい O&M ツールで、問題を迅速に特定して対処できます。

統計レポート

デバイスに対するクエリ、オンラインデバイスのグループ化と管理、メッセージの送受信に関する統計情報の表示が可能です。

モニタリングとアラート

オンライン接続、保持されたメッセージ数、配信の遅延をリアルタイムでモニタリングすることにより、問題の原因を特定できます。

RESTful API

RESTful API を使用して、リソース管理および保守機能を柔軟かつ容易にカスタマイズできます。

シナリオ

複数の言語を使用した開発事例

使用方法に関するよくある質問

よくある質問 >