FTP 接続を使用すると、FTP Reader と FTP Writer を使用したデータの読み取りおよび書き込みが可能になります。 コードレスユーザーインターフェイス (UI) またはコードエディターを使用すると、FTP 用の同期ノードを設定できます。

標準モードのワークスペースは、「 接続の遮断」機能をサポートしています。 データの安全を保護するために、開発環境や製造環境に対する接続の追加や遮断を別個に行うことができます。

手順

  1. 表示された[データソース]ページの右上隅にある[接続の追加]をクリックします。
  2. 表示された[接続の追加]ダイアログボックスの中の半構造化されたストレージセクションの[FTP]をクリックします。
  3. 表示された [FTP 接続の追加] ダイアログボックスに、パラメーターを設定します。
    パラメーター 説明
    Connection Name 接続の名前。 名前には英文字、数字、アンダースコア(_)を使用でき、英文字で始める必要があります。
    Description 接続の説明。 説明は 80 文字を超えることはできません。
    Applicable Environment 接続を使用する環境。 有効な値: 開発および製造
    このパラメーターは、ワークスペースが標準モードの場合にのみ使用できます。
    Protocol FTP サーバーによって使用されるプロトコル。 現在、FTP およびセキュアファイル転送プロトコル (SFTP) のみがサポートされています。
    Host FTP サーバーのアドレス。
    Port FTP サーバーのポート。 採用プロトコルとして FTP を選択する場合のパラメーターの既定値は21であり、SFTPを選択する場合の既定値は22です。
    Username FTP サーバーにログインするためのユーザー名。
    Password FTP サーバーにログインするためのパスワード。
  4. [テスト接続]をクリックします。
  5. 接続テストが成功したら、[終了]をクリックします。

接続テストに関する注意

  • データストアがユーザーが作成したものであり、クラシックネットワーク上の Elastic Compute Service (ECS) インスタンスにデプロイされている場合、カスタムリソースグループを使用して、接続を使用する同期ノードを実行することを推奨します。 デフォルトのリソースグループは、ネットワークを介したデータストアへの接続を保証しません。
  • データストアが Virtual Private Cloud (VPC) にデプロイされている場合、接続テストはサポートされていません。 接続をテストせずに[終了]をクリックすることができます。

次のステップ

これで、FTP 接続の設定手順をご理解いただけたと思います。 次のチュートリアルに進んでいただけます。 次のチュートリアルでは、FTP Reader とFTP Writer の設定方法を学習します。