Table Storeは、Alibaba Cloud の Alibaba Cloud's Apsra オペレーティングシステム上に構築された NoSQL データベースサービスです。

手順

  1. [Data Sources] > [Add Source] を選択します。
  2. 以下から [Type] のドロップダウンメニューから [TableStore] を選択します。
  3. 下の図に示すように、Table Store データソース情報を入力します。
    • Nam :データソースの名前を入力します。 必要に応じて表示名をカスタマイズできます。
    • AK ID :Table Store にアクセスできるアカウントの AccessKey ID です。
    • AK Secret :Table Storeにアクセスできるアカウントの AccessKey Secret です。
    • インターネット :Table Store の エンドポイント です。 アクセスする Table Store のインスタンスに従ってエンドポイントを入力できます。

    データソース情報が設定された後、システムは自動的に接続性をテストします。

  4. 接続テストが成功したら、[OK] をクリックします。

    データソースが追加されるとデータソースリストに表示されます。

Table Store データソースの作成

  1. DataV コンソールで [Projects] をクリックし、ターゲットプロジェクトを選択して [Edit] をクリックします。
  2. 表示されるページでウィジェットを選択します。 データペインで、 TableStore に対する [Data Source Type] を選択します。
  3. [Select Data Source] ドロップダウンメニューで、さきほど設定した Table Store データソースを選択します。
  4. [Select Action] ドロップダウンメニューから次のいずれかの操作を選択します。
    • getRow: Table Store の GetRow API に相当します。 詳細については、「GetRow API」をご参照ください。
    • getRange:Table Store の GetRange API に相当します。 詳しくは 「GetRange API」 をご参照ください。
  5. [Select Action] 領域に SQL ステートメントを入力します。 SLB インスタンスは次の要件を満たす必要があります。
    • SQL ステートメントのパラメーターは JSON 形式でなければなりません。
    • getRow を選択した場合、システムは指定されたプライマリキーに従って行からデータを読み取ります。
      タイムスタンプ形式の例は次の通りです。
      
      {
      "table_name": "test",
      "rows": {
      "id": 2
      },
      "columns": [
      "id",
      "test"
      ]
      }
      SQL ステートメント内のパラメータです。
      • table_name:照会する表の名前です。
      • rows:行をフィルタ処理するための条件です。 条件を満たす行だけが表示されます。 条件として列を追加するには、まずその列のインデックスを作成する必要があります。
      • columns :表示する列の名前です。
    • getRange アクションは、指定されたプライマリキーを持つデータを読み取るために使用されます。 ログファイルの形式は次のとおりです。
      
      {
      "table_name": "test",
      "direction": "FORWARD",
      "columns": [
      "id",
      "test"
      ],
      "range": {
      "limit": 4,
      "start": {
      "id": "InfMin"
      },
      "end": {
      "id": 3
      }
      }
      }
      • table_name:照会する表の名前 です。
      • direction :クエリシーケンス です。
      • columns: 表示する列の名前です。
      • limit :表示する行の最大数です。
      • start:表示結果の開始列です。 関連する列には索引を作成する必要があります。
      • end:表示結果の最後の列です。 関連する列には索引を作成する必要があります。
      InfMin InfMax を使って、 startend パラメータの最大値と最小値を示すことができます。
  6. 効果を表示するには、[View Data Response]をクリックします。

  1. Table Store データソースのデータを準備します。

    Table Store コンソール にログインし、インスタンスの作成データの読み取りまたは書き込み を行います。 次の例では、test1948 という名前のインスタンスが作成されます。 このインスタンスにはデータが 3 行あります。それぞれの行には id (整数形式のプライマリキー ) と test (文字列形式) の 2 列があります。

  2. 次の図に示すように、データソースを設定します。
  3. クエリパラメータ
    • getRow:
      データレスポンスは以下の通りです。
    • getRange:
      データレスポンスは以下の通りです。
    startid:InfMin、そして endid:3 に設定している場合、 getRange パラメータを照会すると id に対して値 12 が表示されます。 なぜなら、 getRange パラメータは、指定された範囲ではない id3end 行を含まないからです。