時系列クラスタリング関数は、入力時系列データを異なる曲線形状に自動的にクラスタリングするために使用されます。 その後、既存の曲線形状とは異なる形状の該当するクラスターセンターおよび曲線を迅速に見つけることができます。

関数リスト

関数 説明
ts_density_cluster この関数は、密度ベースのクラスタリング手法を使用して、時系列データをクラスタリングします。
ts_hierarchical_cluster この関数は、階層的クラスタリング方法を用いて時系列データをクラスタリングします。
ts_similar_instance この関数は、指定された曲線に類似する曲線を照会します。

ts_density_cluster

関数の形式:
select ts_density_cluster(x, y, z) 
パラメータについて、次の表に説明します。
パラメータ 説明
x 時間の列 (昇順) Unixtime timestamp (秒)
y 指定した時点のデータに対応する数値列 - -
z 指定した時点のデータに対応するメトリック名 文字列型の値 (例:machine01.cpuusr)
例:
  • 照合と分析の命令文:
    * and (h: "machine_01" OR h: "machine_02" OR h : "machine_03") | select ts_density_cluster(stamp, metric_value,metric_name ) from ( select __time__ - __time__ % 600 as stamp, avg(v) as metric_value, h as metric_name from log GROUP BY stamp, metric_name order BY metric_name, stamp ) 
  • 結果:

表示項目について、次の表に説明します。
表示項目 説明
cluster_id クラスタータイプ。 値 "-1" は、そのクラスタリングがいずれのクラスターセンターにも分類できないことを示します。
rate クラスタリングにおけるインスタンスの割合
time_series クラスターセンターの Timestamp シーケンス
data_series クラスターセンターのデータシーケンス
instance_names クラスターセンターに含まれるインスタンスのセット
sim_instance クラスタリングにおけるインスタンス名

ts_hierarchical_cluster

関数の形式:
select ts_hierarchical_cluster(x, y, z) 
パラメータについて、次の表に説明します。
パラメータ 説明
x 時間の列 (昇順) Unixtime timestamp (秒)
y 指定した時点のデータに対応する数値列 -
z 指定した時点のデータに対応するメトリック名 文字列型の値 (例:machine01.cpu_usr)
例:
  • 照合と分析の命令文:
    * and (h: "machine_01" OR h: "machine_02" OR h : "machine_03") | select ts_hierarchical_cluster(stamp, metric_value, metric_name) from ( select __time__ - __time__ % 600 as stamp, avg(v) as metric_value, h as metric_name from log GROUP BY stamp, metric_name order BY metric_name, stamp )
  • 結果:

表示項目について、次の表に説明します。
表示項目 説明
cluster_id クラスタータイプ。 値 "-1" は、クラスタリングがいずれのクラスターセンターにも分類できないことを示します。
rate 値 "-1" は、クラスタリングがいずれのクラスターセンターにも分類できないことを示します。
time_series クラスターセンターの Timestamp シーケンス
data_series クラスターセンターのデータシーケンス
instance_names クラスターセンターに含まれるインスタンスのセット
sim_instance クラスタリングにおけるインスタンス名

ts_similar_instance

関数の形式:
select ts_similar_instance(x, y, z, instance_name) 
パラメータについて、次の表に説明します。
パラメータ 説明
x 時間の列 (昇順) Unixtime timestamp (秒)
y 指定した時点のデータに対応する数値列 -
z 指定した時点のデータに対応するメトリック名 文字列型の値 (例:machine01.cpu_usr)
instance_name 照会する指定メトリック名 z セット内の文字列値 (例:machine01.cpu_usr)
メトリックは既存のメトリックでなければなりません。
照会と分析のステートメント例:
* and (h: "machine_01" OR h: "machine_02" OR h : "machine_03") | select ts_similar_instance(stamp, metric_value, metric_name, 'nu4e01524.nu8' ) from ( select __time__ - __time__ % 600 as stamp, avg(v) as metric_value, h as metric_name from log GROUP BY stamp, metric_name order BY metric_name, stamp )
表示項目について、次の表に説明します。
表示項目 説明
instance_name 指定したメトリックに類似するメトリックを含む結果リスト
time_series クラスターセンターの Timestamp シーケンス
data_series クラスターセンターのデータシーケンス