統合データセンター (Integrated Data Center: IDC)、仮想マシン、またはクラウドホストから Alibaba Cloud リージョンのVPC に直接アクセスできる場合は、移行元サーバーを VPC イントラネットに接続してクラウド移行を設定することを推奨します。 パブリックネットワークを介したクラウド移行と比較して、VPC イントラネットによるクラウド移行は、データ転送をより高速かつより安定させ、クラウド移行の効率を向上させます。

前提条件

VPC イントラネットによるクラウド移行では、IDC、仮想マシン、またはクラウドホストから移行先 VPC にアクセスできる必要があります。 これを実現するためには、2 つの方法があります。1 つは、Express Connect サービスの物理接続機能を用います。 もう 1 つは、移行先 VPC で VPN ゲートウェイを構築 します。

Express Connect と VPN ゲートウェイ は有料サービスです。 詳細については、「Express Connect 課金方法」と「 VPN ゲートウェイ課金方法をご参照ください。

client_data の説明

VPC イントラネットを介したクラウド移行のためには、client_data ファイルを自分で編集する必要があります。 client_data ファイルを編集して、VPC イントラネットを介したクラウド移行のニーズを満たすことができます。 client_data ファイルには、クラウド移行プロセスに関する以下のデータが含まれています。

  • インスタンス ID、インスタンス名、インターネット帯域幅、IP アドレスなど、クラウド移行用の中間インスタンスの属性。
  • データディスク移行のプロセス情報。
  • 生成されたカスタムイメージ名。
  • 移行先のリージョン、および中間インスタンスのネットワークタイプ。
  • 中間インスタンスによって使用される VPC、VSwitch、およびセキュリティグループ。

    client_data についての詳細は、Cloud Migration ツールのダウンロード後に、関連する JSON ファイルをご参照ください。

警告 VPC イントラネットによる Alibaba Cloud に移行する場合以外は、client_data 構成ファイルを変更しないでください。 変更すると、クラウド移行や実行プロセスに影響する可能性があります。

Cloud Migration ツールをダウンロードした後で、client_data ファイルを開きます。 以下のパラメーターは、VPC イントラネットによるクラウド移行に関係しています。

名前 タイプ 必須 説明
net_mode Integer いいえ データ送信モードを設定します。 オプションの値:
  • 0 (デフォルト): データはパブリックネットワークを介して送信されます。 移行元サーバーはパブリックネットワークにアクセスできる必要があります。
  • 1: データは VPC イントラネットを介して送信されます。 移行元サーバーは移行先 VPC にアクセスできる必要があります。
  • 2: データは VPC イントラネットを介して送信されます。 移行元サーバーは、パブリックネットワークと移行先 VPC の両方にアクセスできる必要があります。
VPC イントラネットでクラウドを移行する場合は、 net_mode を 1 または 2 に設定する必要があります。
vpc Array いいえ Express Connect サービスまたは VPN ゲートウェイ が構成されている VPC の ID を指定します。 net_mode が 12 に設定されている場合には、パラメーターが必要になります。 JSON 配列は、3 つの文字列パラメーターにより構成されます。 vpc_id (必須)、vpc_name (オプション)、description (オプション) の 3 つで、それぞれ VPC_ID、VPC 名、VPC の説明に対応します。
vswitch Array いいえ VPC 内の VSwitch の ID を指定します。 net_mode が 12 に設定されている場合には、パラメーターが必要になります。 JSON 配列は、3 つの文字列パラメーターにより構成されます。vswitch_id (必須)、vpc_name (オプション)、description (オプション) の 3 つで、それぞれ VSwitch ID、VSwitch 名、VSwitch の説明に対応します。
securegroupid String いいえ VPC 内のセキュリティグループの ID を指定します。

移行元サーバーから VPC へのアクセス

net_mode が 1 に設定されている場合、以下の手順が適用されます。 クラウド移行は 3 つの段階に分けられます。 Stage 1Stage 3 はバックアップサーバーで完了されます。 バックアップサーバーはパブリックネットワークにアクセス可能である必要があります。 Stage 2 のデータ送信は、移行される移行元サーバーで完了されます。

  1. パブリックネットワークにアクセス可能なバックアップサーバーにログインします。

  2. Cloud Migration ツールの "client_data" ファイルを編集します。 net_mode を 1 に設定し、vpc_id を、Express Connect か VPN ゲートウェイを設定した VPC の ID に設定して、vswitch_idzone_id のパラメーターを設定します。

  3. (オプション) パラメーター security_group_id を "client_data" ファイルで設定します。ただし、セキュリティグループのプロキシポート 8080 および 8703 を介したインバウンドトラフィックを許可する必要があります。 詳細については、「セキュリティグループルールの追加」をご参照ください。

  4. パブリックネットワークによるクラウド移行の手順に従って、Stage 1 Is Done! という通知を受け取るまで、バックアップサーバーで Cloud Migration ツールを実行します。

  5. 移行元サーバーにログインします。 内容を変更せずに、Cloud Migration ツールの "user_config.json"、"rsync"、および "client_data" 構成ファイルを、バックアップサーバーから移行元サーバーにコピーします。

  6. Stage 2 Is Done! という通知を受信するまで、パブリックネットワークによるクラウド移行の手順に従って、バックアップサーバーで Cloud Migration ツールを実行します。

  7. バックアップサーバーにログインします。 内容を変更せずに、Cloud Migration ツールの "user_config.json"、"rsync"、および "client_data" 構成ファイルを、移行元サーバーからバックアップサーバーにコピーします。

  8. Stage 3 Is Done!という通知を受信するまで、パブリックネットワークによるクラウド移行の手順に従って、バックアップサーバーで Cloud Migration ツールを再度実行します。この通知が送信されてくるのは、VPC イントラネットを介したクラウド移行が完了したことを意味します。

移行元サーバーからのパブリックネットワークと VPC へのアクセス

以下の手順は、net_mode = 2 の場合に適用でき、手順はパブリックネットワークによるクラウド移行 (net_mode = 0) と同じです。 net_mode = 2 の場合、データは VPC を介して Alibaba Cloud に自動的に移行され、残りのプロセスはパブリックネットワークを介して完了します。 伝送速度は、VPC イントラネットを介したクラウド移行 (net_mode = 1) の方法と比べてわずかに遅くなります。

  1. パブリックネットワークにアクセスできる移行元サーバーにログインし、パブリックネットワークによるクラウド移行の手順に従って、Cloud Migration ツールを実行します。

  2. Cloud Migration ツールの "client_data" ファイルを編集します。 net_mode を 2 に設定し、vpc_id を、Express Connect か VPN ゲートウェイを設定した VPC の ID に設定して、vswitch_idzone_id のパラメーターを設定します。

  3. (オプション) パラメーター "security_group_id" を "client_data" ファイルで設定します。ただし、セキュリティグループのプロキシポート 8080 および 8703 を介したインバウンドトラフィックを許可する必要があります。 詳細については、「セキュリティグループルールの追加」をご参照ください。

  4. パブリックネットワークによる クラウド移行 の手順に従って、Cloud Migration ツールを実行します。

よくある質問

クラウド移行プロセスが中断された場合は、Cloud Migration ツールのトラブルシューティングを確認します。 または、Cloud Migration ツールの DingTalk カスタマーフィードバックグループに参加して、ECS クラウド移行のテクニカルサポートに連絡します。