Cloud Migration ツールは、バージョン 1.2.8 以降のコマンドラインインターフェイス (command line interface: CLI) のパラメーターをサポートします。 Cloud Migration ツールのパスで --help コマンドを実行して、パラメーターの一覧を表示します。 Cloud Migration ツールの設定、ユーザー定義の使用傾向の調整、そして "client_data" ファイルの消去を、ワンクリックで行うことができます。 各種の JSON ファイルを開く必要はありません。 Cloud Migration ツールの 1.2.8 より前のバージョンを使用している場合は、圧縮パッケージファイルをダウンロードして、操作性の向上を図ります。 CLI のパラメーターを使用するには、移行ツールに関する予備知識が必要です。 このツールの詳細については、「Cloud Migration ツール」の使用方法をご参照ください。

Windows 用 Cloud Migration ツールのパラメーター

Windows 用 Cloud Migration ツールの CLI のパラメーターの完全なリストは次のとおりです。

usage: go2aliyun_client.exe [options]
options:
  --help                        show usage.
  --version                     show version.
  --nocheckversion              no check for new version.
  --noenterkey                  no enter key to exit.
  --progressfile                set progress file path.
  --cleardata                   clear client data and server ecs.
  --accesssid=<accesss_id>      set access id.
  --secretkey=<secret_key>      set secret key.
  --regionid=<region_id>        set region id.
  --imagename=<image_name>      set image name.
  --systemdisksize=<sdsize>     set system disk size.
  --platform=<platform>         set platform.
  --architecture=<arch>         set architecture.
  --datadisks=<data_disks>      set data disks.
    data_disks=data_disk_index|data_disk_size|src_path;
    e.g. --data_disks=1|100|D:;2|150|E:
  --bandwidthlimit=<limit>      set bandwidth limit.
  --netmode=<net_mode>          set net mode.
  --vpcid=<vpc_id>              set vpc id.
  --vswitchid=<vswitch_id>      set vswitch id.
  --zoneid=<zone_id>            set zone id.
  --securegroupid=<sgid>        set secure group id.

Linux 用 Cloud Migration ツールのパラメーター

Linux 用 Cloud Migration ツールの CLI のパラメーターの完全なリストは次のとおりです。

usage: ./go2aliyun_client [options]
options:
  --help                       show usage.
  --version                    show version.
  --nocheckversion             no check for new version.
  --noenterkey                 no enter key to exit.
  --progressfile               set progress file path. 
  --cleardata                  clear client data and server ecs.
  --accesssid=<accesss_id>     set access id.
  --secretkey=<secret_key>     set secret key.
  --regionid=<region_id>       set region id.
  --imagename=<image_name>     set image name.
  --systemdisksize=<sdsize>    set system disk size.
  --platform=<platform>        set platform.
  --architecture=<arch>        set architecture.
  --datadisks=<data_disks>     set data disks.
    data_disks=data_disk_index|data_disk_size|src_path;
    e.g. --data_disks=1|100|/mnt/disk1;2|150|/mnt/disk2
  --bandwidthlimit=<limit>     set bandwidth limit.
  --netmode=<net_mode>         set net mode.
  --vpcid=<vpc_id>             set vpc id.
  --vswitchid=<vswitch_id>     set vswitch id.
  --zoneid=<zone_id>           set zone id.
  --securegroupid=<sgid>       set secure  group id.

一般的なパラメーター

Windows および Linux 用の Cloud Migration ツールの一般的なパラメーターは次のとおりです。一般的なパラメーターは、Cloud Migration ツールの使用傾向や対話型インターフェイスを調整するために使用されます。 ツールの設定やクラウド移行プロセスには影響しません。

パラメーター 説明
nocheckversion 移行ツールは、バージョンアップデートの通知をしません。
noenterkey 移行ツールは完了前にプロンプトを表示しません。 代わりに直接終了します。
progressfile 移行進捗出力ファイルを設定します。 ファイルには、次の形式の 2 行が含まれています。
  • 最初の行には、PrepareForRsync (データ送信準備ステージ)、DoRsync (データ送信ステージ)、CreateImage (イメージ作成ステージ) 、および Finished (クラウド移行終了ステージ) という、4 つの進行状況インジケーターのうちの 1 つが含まれています。
  • 2 行目には、各ステージの進行状況を示す progress 値が含まれています。 この値は 0 ~ 100 の整数です。
claeardata "client_data" ファイルを消去し、Running 中間インスタンスをリリースします。
警告 クラウド移行ジョブが完了するまでは、" cleardata" パラメーターを使用しないでください。 使用してしまうと、クラウド移行は中断され、移行プロセスは無効になります。

user_config のパラメーター

user_config 設定に関連する CLI のパラメーターは次のとおりです。 user_config の詳細については、「Cloud Migration ツールの使用方法」をご参照ください。

CLI のパラメーターを使用して user_config を設定した後、Cloud Migration ツールは新しい設定を使用し、それまでの設定ファイルは無視します。
--accesssid=<accesss_id>     # Sets AccessKey ID in user_config.
--secretkey=<secret_key>     # Sets AccessKey Secret in user_config.
--regionid=<region_id>       # Sets Region ID in user_config.
--imagename=<image_name>     # Sets user-defined image name in user_config.
--systemdisksize=<sdsize>    # Sets system disk capacity in user_config.
--platform=<platform>        # Sets the mapping image releasing platform in user_config.
--architecture=<arch>        # Sets the image architecture in user_config.
--datadisks=<data_disks>     # Sets data disks in user_config. Disk values are separated by vertical bars (|) and semicolons (;), for example, data_disk_index|data_disk_size|src_path;
--bandwidthlimit=<limit>     # Sets the upper limit of the public network outbound bandwidth in user_config.

client_data のパラメーター

次のセクションでは、VPC イントラネットによるクラウド移行に関連するパラメーターについて説明します。 詳細については、「VPC イントラネットワークのクラウド移行」をご参照ください。

--netmode=<net_mode>        # Sets cloud migration method in client_data. The values can be 0, 1, or 2.
--vpcid=<vpc_id>            # Sets the VPC that has configured Express Connect or VPN Gateway in client_data.
--vswitchid=<vswitch_id>    # Sets the VSwitch under the VPC in client_data.
--securegroupid=<sgid>      # Sets the security group under the VPC in client_data.