テキストボックスウィジェットを使用すると、プロジェクトの本文を入力してスタイルを設定できます。

スタイル

  • 基本属性
    • Size:幅と高さを調整して、ウィジェットのサイズを設定します。
    • Position:横座標と縦座標を調整して、ウィジェットの位置を設定します。
    • Others:ウィジェットの回転角度と不透明度を設定します。
  • コンテンツ: 表示するコンテンツをカスタマイズできます。 システムはデータペインからコンテンツを取得することもできます。 設定ウィンドウとデータウィンドウの両方にコンテンツを設定した場合は、データペインに設定されているコンテンツのみが表示されます。
  • テキストスクロール
    • オーバーフロースクロール: このオプションをオンすると、テキストが表示されているときに、テキストがテキストボックスのサイズを超えるとテキストが自動的にスクロールされます。 このオプションをオフにした場合、テキストボックスの寸法を超えるテキストを表示するには、テキストボックスの上にポインタを移動する必要があります。
    • 期間: スクロール期間を設定するには、値を入力するか、 [+] または [-] をクリックします。 この設定は、オーバーフロースクロールを選択した場合にのみ有効になります。
  • 文字スタイル
    • フォントファミリ: 表示されるテキストのフォントを設定するには、ドロップダウン矢印をクリックして目的のフォントを選択します。 デフォルトのフォントは Microsoft YaHei です。
    • フォントサイズ : 表示されるテキストのフォントサイズを変更するには、値を入力するか、 [+] または [-] をクリックします。
    • フォントの色: 表示されるテキストのフォントの色を変更するには、「カラーピッカー」をご参照ください。
    • フォントの太さ: 表示されるテキストのフォントの太さを設定するには、ドロップダウン矢印をクリックして目的のフォントの太さを選択します。
  • 行の高さ: 行間を調整するには、値を入力するか、スライダをドラッグします。
  • テキストの配置: テキストの配置方法を設定するには、ドロップダウン矢印をクリックして対象の方法を選択します。 配置方法には、左揃え右揃えおよび中央揃えがあります。 デフォルトの方法は左揃えです。
  • テキストのインデント: インデントを調整するには、値を入力するかスライダをドラッグします。

データ

value: ウィジェットに表示されるコンテンツ。 特定の HTML タグ、たとえば a および br がサポートされています。 ここで設定したコンテンツは、設定ウィンドウの コンテンツに対応します。 設定ウィンドウとデータウィンドウの両方でコンテンツを設定した場合は、 value に設定されているコンテンツのみが表示されます。データペインのフィールドが表示されます。

インタラクション

このはウィジェットはまだイベントにバインドされていません。