このトピックでは、オブジェクトのストレージクラスを標準、低頻度アクセス (IA)、およびアーカイブ間で変換する方法について説明します。

ライフサイクルオブジェクトの切り替え

OSS は、Standard、Infrequent Access、および Archiveの 3 つのストレージクラスをサポートします。

オブジェクト切り替えのメカニズムは、中国全リージョンの OSS ライフサイクル管理機能で使用可能になっています。 自動変換では、以下のストレージクラスがサポートされています。

  • Standard から Infrequent Access
  • Standard から Archive
  • Infrequent Access から Archive

次のように、1 つのバケットに特定のプレフィックスを持つオブジェクトのライフサイクルポリシーを設定できます。

  • 保存後 30 日間経つと、Infrequent Access クラスに変換されます。
  • 保存後 180 日間経つと、Archive クラスに変換されます。
  • 保存後 360 日間経つと、自動的に削除されます。

コンソールで前述のライフサイクルポリシーの設定を完了します。 詳しくは、「Set lifecycle」をご参照ください。

次の 3 つのパラメーターが設定されているとします。

指定日数後に、Transition to IA AfterTransition to Archive After、およびDelete All Objects After Specified Daysを行う場合、各パラメーターに設定される日数は次の基準を満たす必要があります。

Infrequent Access に変換するまでの日数 < Archive に変換するまでの日数 < 削除されるまでの指定した日数

注記

オブジェクトタイプの変換後、変換後のストレージクラスの単価に基づいて、ストレージのコストが計算されます。

Infrequent Access および Archive のストレージタイプに関する注記

  • 最小請求金額:

    128 KB より小さいオブジェクトは 128 KB として課金されます。

  • 最小保存期間:

    保存したデータは少なくとも 30 日間は保存する必要があります。 30 日以内に保存されているファイルを削除した場合、料金が発生します。

  • Archive タイプの復元時間:

    Archive タイプのオブジェクトがデータを読み取り可能な状態に復元するのに 1 分かかります。 ビジネスシナリオでリアルタイムの読み取りが必要な場合は、ファイルを Archive クラスではなく Infrequent Access ストレージクラスに変換することを推奨します。 Infrequent Access ストレージクラスにしないと、ファイルを Archive クラスに変換した後、データをリアルタイムに読み取ることはできません。

  • データアクセスの料金

    Infrequent Access と Archive の両方のクラスで、アウトバウンドトラフィックに対する個々の料金として、データアクセス料金をお支払いいただく必要があります。 オブジェクトごとの平均アクセス頻度が月に 1 回を超える場合は、データを Infrequent Access または Archive クラスに変換することを推奨しません。

他の方法によるストレージクラスの変換

Archive タイプから Standard クラスまたは Infrequent Access クラスへの変換、または Infrequent Access クラスから Standard クラスへの変換の場合、オブジェクトを読み取り、それを対応するストレージクラスのバケットに書き換えることができます。 オブジェクトの既定のストレージクラスは、バケットによって決定されます。

たとえば、Standard タイプのバケット内の Infrequent Access オブジェクトを Standard オブジェクトに変換する場合は、そのオブジェクトを読み書きすることができます。 バケットのタイプに基づくので、新しく書き込まれたオブジェクトは Standard ストレージクラスになります。

Archive クラスに変換されたオブジェクトは、復元操作を実行し、読み取り可能な状態に復元した後でのみ、読み取りが行えます。

詳しくは、 「アーカイブバケットの作成と使用」をご参照ください。