サービスクライアントは、デバイスのアップロードとプロダクトのステータスメッセージを直接サブスクライブできます。

現在、IoT Platform は HTTP/2 接続でメッセージをプッシュします。 サービスサブスクリプションの設定後、IoT Platform は HTTP/2 接続でサービスクライアントにメッセージをプッシュします。 これにより、HTTP/2 SDK を使用して、エンタープライズサーバーが IoT Platform からメッセージを直接受信できます。 HTTP/2 SDK は、ID 認証、トピックサブスクリプション、およびメッセージ送受信機能を提供し、デバイスと IoT ハブ間の通信を有効にすることができます。 具体的には、HTTP/2 SDK を使用して、IoT Platform とエンタープライズサーバーとの間で大量のメッセージを転送したり、デバイスと IoT Platform との間の通信をサポートしたりすることができます。

旧バージョンの IoT Platform を使用し、メッセージ転送に Message Service を使用している場合は、サービスのサブスクリプション方式を HTTP/2 にアップグレードできます。 メッセージ転送サービスとして Message Service を引き続き使用する場合、IoT Platform は Message Service にメッセージをプッシュします。これは、クライアントがメッセージを受信するためには、 Message Service でキューをリッスンする必要があることを意味します。