DataV のコールバック ID は、ウィジェットが他のウィジェットに送信するパラメーターで、アクションに応答したとき、または更新が自動的にトリガされたときにターゲットウィジェットと呼ばれます。 パラメーターは、ターゲットウィジェットに格納されているデータをクエリするために使用される動的変数です。

手順

  1. ティッカーボードウィジェットをクリックして、 パネルの右側にある [インタラクション] タブをクリックします。
    DataV バージョン 4.0 では、インタラクションタブとスタイルタブの両方でコールバック ID を設定できます。
  2. 番号が変更されたときにイベントをトリガの右側にある [有効にする] チェックボックスをオンにします。
  3. 変数にバインド列の下で、value を以下の事例の通り income に変更して、他のウィジェットが income 変数を使用してこのパラメーターを読み出せるようにします。
    この機能を使用すると、さまざまなウィジェットに異なる変数名を設定して、パラメーターを区別しやすくすることができます。
  4. 以下の事例の通り、データソースで (:income など):Variable nam を使用することができます。
    • SQL:
      select :income as value
      select A from table where income = :income
    • API:
      http://api.test?income=:income&id=:myid
    • データソースタイプ静的データまたは CSV ファイルである場合には、コールバック ID はサポートされません。
    • コールバックパラメーターのオートコンプリート機能は DataV で利用可能です。 データソースを設定して、現在のプロジェクトで設定されている変数の名前を表示する場合は、:と打ち込みます。 上下の方向キーを押して変数を移動し、 [Enter] を押して選択します。

拡張設定

  • カスタムフィールドの設定

    1. [データ] タブをクリックします。
    2. id フィールドの値を 123 に設定します。
    3. [インタラクション] タブをクリックして、ウィジェットのインタラクション設定に戻ります。
    4. [新しいフィールドを作成する] をクリックします。
    5. フィールド列の下に id と入力します。変数にバインド列の下に変数名を入力します。
      この変数は、 Field および 変数へのバインドフィールドが記入されている場合にのみ有効になります。
  • コールバック ID デフォルト値の設定

    次の例に示すように、URL のリクエストパラメーターを設定して、コールバック ID のデフォルト値を設定します。
    http://datav.aliyun.com/screen/000000?myid=123
    **注記** "000000" はスクリーン ID を表します。

    この URL を使ってデータにアクセスする場合、コールバック ID myid の値はデフォルトで 123 に設定済みです。

    複数のコールバック ID を結合するには、アンパサンド記号 "&" を使用します。 次の例では、 myid income の両方のコールバック ID にデフォルト値を設定しています。
    http://datav.aliyun.com/screen/000000?myid=123&income=1000
    **注記** "000000" はスクリーン ID を表します。