このページでは、Log Service の Global Acceleration を有効にする方法について説明します。

前提条件

  • Log Service が有効化されていること。 プロジェクトと Logstore が作成されていること。
  • Dynamic Route for CDN が有効になっていること。
  • HTTP acceleration を有効にする前に、 HTTPS acceleration が有効になっていること (適宜)。

手順

ターゲットプロジェクトの HTTP Global Acceleration が有効になった後、必要に応じて Logtail、SDK などのGlobal Acceleration を構成することもできます。
  1. HTTP アクセラレーションを有効にします
  2. (任意) HTTPS アクセラレーションを有効にします

    HTTPS を使用して Log Service にアクセスする場合は、HTTPS アクセラレーションを必ず有効にしてください。 HTTPS アクセラレーションの設定方法の詳細については、「HTTPS アクセラレーションを有効にする」をご参照ください。

  3. Global Acceleration を使用してログを収集します。
    • Logtail
      • Global Acceleration が有効になった後に Logtail をインストールするには、「Logtail のインストール方法 (Linux)」の Global Acceleration のインストール手順に従います。 その後、Log Service が Logtail を介してログを収集すると、Global Acceleration が自動的に有効になります。
      • Global Acceleration を有効にする前に Logtail がインストールされている場合、Logtail 収集モードを Global Acceleration に手動で切り替える必要があります。 詳細については、「Logtail のインストール方法 (Windows)」 をご参照ください。
    • SDK/Producer/Consumer

      エンドポイントを log-global.aliyuncs.com に置き換えることで、SDK、Producer、Consumer などの Log Service にアクセスする他の方法をアクセラレーションすることができます。

HTTPアクセラレーションの有効化

  1. Dynamic Route for CDN コンソール にログインします。 左側のナビゲーションウィンドウで、[ドメイン名] を追加して [ドメイン名] ページへ移動します。
  2. 左上の [ドメイン名の追加] ボタンをクリックして [ドメイン名の追加] ページへ移動します。
  3. [DCDN ドメイン名] を設定し、必要に応じてその他の情報を入力し、 [次へ] をクリックします。
    パラメーター 説明
    DCDNドメイン名 project_name.log-global.aliyuncs.comproject_name の部分に使用するプロジェクト名を置き換えます。
    オリジンタイプ [送信元のドメイン] を選択します。
    ドメイン名 プロジェクトが属するリージョンのインターネットサービスエンドポイントを入力します。 エンドポイントの詳細については、「 サービスエンドポイント」をご参照ください。
    ポート ポート 80 を選択します。 HTTPS アクセラレーションが必要な場合は、HTTPS を個別に設定できます。 詳細については、このページ内の「HTTPS アクセラレーションの有効化」をご参照ください。
    アクセラレーションリージョン 指定のない場合、[中国本土] が選択されています。

    Global Acceleration を使用する必要がある場合は、ホワイトリストに申請するために、

    Dynamic Route for CDN へチケットを起票してサポートセンターへお問い合わせください。
  4. ページの指示に従って [ドメイン名] ページへ移動します。
    [ドメイン名] ページで、対応する各ドメイン名の CNAME を表示できます。
  5. Log Service コンソールにログインし、 [プロジェクト] ページでターゲットプロジェクトの [操作] 列の [Global Acceleration] をクリックします。
  6. ダイアログボックスが表示されたら、加速されたドメイン名に対応する CNAME を入力します。 [アクセラレーションを有効化] をクリックします。

    上記の手順を完了すると、Log Service のグローバルアクセラレーションが有効になります。

HTTPS アクセラレーションの有効化

HTTP アクセラレーションを有効にした後、HTTPS を使用して Log Service にアクセスする必要がある場合は、HTTPS アクセラレーションを有効にできます。 手順は以下のとおりです。

  1. Dynamic Route for CDN コンソール にログインします。 左側のナビゲーションウィンドウで、[ドメイン名] をクリックして、[ドメイン名] ページを開きます。
  2. 目的とするドメイン名の [操作] 列の [設定] をクリックします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[HTTPS 設定] をクリックします。 表示されたページの [SSL 証明書] セクションの [変更] をクリックします。 [HTTPS 設定]ダイアログボックスが表示されます。
  4. [SSL アクセラレーション][証明書タイプ] を設定します。
    • [SSL アクセラレーション] を有効にします。
    • [証明書タイプ][無料証明書] を選択します。
    設定が終わったら、[Alibaba Cloud が無料証明書を申請することに同意する] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。

よくあるご質問

  • アクセラレーション設定が有効になっているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

    設定が終わったら、アクセラレーションするドメイン名にアクセスすることでアクセラレーションが有効になっているかどうかを確認できます。

    たとえば、Global Acceleration が test-project プロジェクトに対して有効になっている場合、curl を使用してアクセラレートされたドメイン名にリクエストを送信します。 次のレスポンスが来れば、アクセラレーション設定が有効だと判断できます。

    $curl test-project.log-global.aliyuncs.com
    {"Error":{"Code":"OLSInvalidMethod","Message":"The script name is invalid : /","RequestId":"5B55386A2CE41D1F4FBCF7E7"}}
  • アクセラレータされたドメイン名にアクセスする際に返される「 project not exist 」というエラーをどのように処理しますか?
    この問題は、通常、無効な送信元サイトアドレスによって発生します。 Dynamic Route for CDN コンソールにログインし、アクセラレートされたドメイン名の元のドメイン名をプロジェクトが属するリージョンのインターネットサービスエンドポイントに変更します。 詳細については、「 サービスエンドポイント」をご参照ください。
    元のドメイン名を変更すると、数分間の同期化遅延が発生します。 ご了承ください。