リソース 制限 注意事項
プロジェクト 各アカウントで最大 50 のプロジェクトを作成可能 さらに作成する必要のある場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
Logstore 各プロジェクトに最大 200 の Logstore を作成可能 さらに作成する必要のある場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
シャード
  • 各プロジェクトに最大 200 のシャードを作成可能
  • コンソールを使用して作成された Logstore に最大 10 のシャードを作成可能 API を使用して作成された Logstore に最大 100 のシャードを作成可能 シャードを分割することで、シャードの数を増やすことができます。
さらに作成する必要のある場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
LogtailConfig 各プロジェクトに最大 100 の LogtailConfig を作成可能 さらに作成する必要のある場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
ログの保存期間 無制限に保存可能

保存期間の指定も可能 (指定可能な値:1~3000)。

-
マシングループ 各プロジェクトに最大 100 のマシングループを作成可能 さらに作成する必要のある場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
コンシューマグループ 各 Logstore に最大 20 のコンシューマグループを作成可能 不要になったコンシューマグループは削除できます。
クイッククエリ 各プロジェクトに最大 100 のクイッククエリを作成可能 -
ダッシュボード
  • 各ダッシュボードに最大 50 のダッシュボードを作成可能
  • 各ダッシュボードに最大 50 の分析グラフを作成可能
-
LogItem 各 LogItem の上限:1MB 1MB の長さは API パラメータの場合のみであり、 Logtail によるログ収集の場合の上限は 512KB です。
LogItem (Key) 上限:128 Byte -
LogItem (Value) 上限:1MB。 -
ロググループ 各ロググループに最大 4096 のログを作成可能 (各ログは 10 MB 以内) -