Container Service コンソールを使用して 永続ストレージボリューム要求 (PVC) を作成できます。

始める前に

  • Kubernetes クラスターが作成されている必要があります。 詳しくは、Kubernetes クラスターの作成をご参照ください。
  • ストレージボリュームが作成されている必要があります。 この例では、クラウドディスクを使用してクラウドストレージボリュームを作成します。 詳しくは、Alibaba Cloud クラウドディスクを永続ボリュームとして使用するをご参照ください。

    デフォルトでは、ストレージ要求は、ラベル alicloud-pvname に応じたストレージボリュームへバインドされます。 Container Service コンソールによりデータボリュームが作成された際、デフォルトでストレージボリュームはラベル付けされます。 ストレージボリュームラベルが存在しない場合、バインドするストレージボリュームを選択する前にラベルを追加する必要があります。

このタスクについて

手順

  1. Container Service コンソール にログインします。
  2. Kubernetes で、左側のナビゲーションウィンドウから [アプリケーション] > [ボリューム要求] をクリックし、[ボリューム要求] リストのページに移動します。
  3. 対象となるクラスターおよび名前空間を選択し、右上角の [作成] をクリックします。
  4. [ボリューム要求の作成] ダイアログボックスで設定を完了させ、[作成] をクリックします。
    • ボリューム要求タイプ: ストレージボリュームと同じもので、クラウドディスク、NAS および OSS タイプを含みます。
    • 名前: ストレージボリューム要求名を入力します。
    • 配布モード: 現在、既存のストレージボリュームのみのサポートです。
    • 既存のストレージボリューム: ここで設定したタイプのストレージボリュームがバインドされるように選択します。
    • 合計: 要求の使用量です。ストレージボリュームの合計を上回ることはできません。
    お使いのクラスターにすでに使用されていないストレージボリュームが存在していても、 [既存のストレージボリュームの選択] にない場合、 alicloud-pvname ラベルが定義されていないことがあります。
    利用できるストレージボリュームが表示されない場合、左側のナビゲーションウィンドウから [クラスター] > [ボリューム] をクリックします。 対象となるストレージボリュームを見つけ、右側の [ラベル管理] をクリックします。 対応するラベル alicloud-pvname を追加し、値をストレージボリューム名にします。 クラウドストレージボリュームは、ストレージボリューム名としてクラウドディスク ID に戻されます。
  5. [ボリューム要求] リストに戻ると、新しく作成されたストレージ要求がリストに表示されていることが確認できます。