このドキュメントでは、Container Service コンソールを使用して、Kubernetes クラスターをスケールアウトする方法について説明します。 具体的には、このタスクでは、新しい Worker ノードをクラスターに追加します。

制限事項

既存の Kubernetes クラスターに Master ノードを追加することはできません。

手順

  1. Container Service コンソールにログインします。
  2. Container Service-Kubernetes の左側のナビゲーションウインドウで、 [クラスター] > [クラスター] を選択します。
  3. 対象となるクラスターを見つけます。 次に、[操作] 列にある [スケールアウト] をクリックします。
  4. クラスターに追加する Worker ノードの数を設定します。
  5. Worker ノードのパラメーターを設定します。
    • インスタンスの種類: ECS インスタンスのタイプを示します。 複数の ECS インスタンスタイプを選択できます。 詳細は、「インスタンスタイプファミリー」をご参照ください。
    • システム ディスク: システム ディスクのタイプと容量を示します。 使用可能なシステムディスクは、 SSD クラウドディスクおよび Ultra クラウドディスクです。
    • データ ディスクの接続: データ ディスクのタイプと容量を示します。 使用可能なデータ ディスクは、SSD クラウドディスク、Ultra クラウドディスク、および基本クラウドディスクです。
  6. Worker ノードのログインタイプを設定します。
    • キーペアを設定します。
      1. [新しいキーペアを作成] をクリックします。
        Note 新しいキーペアの作成には、ECS コンソールを使用する必要があります。 詳細は、「 SSH キーペアの作成」をご参照ください。
      2. [キー ペア名] ドロップダウン リストから作成したキーペアを選択します。
    • パスワードを設定します。
      • ログインパスワード: ノードログインパスワードを設定します。
      • パスワードの確認: 設定したノードログインパスワードを確認します。
  7. RDS のホワイトリストに RDS インスタンスを追加します。
  8. タグをクラスターにアタッチします。

    キーとその値を入力し、 [追加] をクリックします。

  9. [送信] をクリックします。

次のステップ

手順を完了した後、次の手順に従って結果を確認します。
  1. Container Service-Kubernetes の左側のナビゲーションウインドウで、 [クラスター] > [ノード] を選択します。
  2. [クラスター] ドロップダウンリストから、目的の Kubernetes クラスターを選択し、Worker ノードの数が変更されたことを確認します。