ニーズに合わせてクラスターの課金方法を従量課金 (時間単位) からサブスクリプションに変更することができます。 課金方法を変更しても、ApsaraDB for PolarDB クラスターのパフォーマンスには影響しません。
クラスターが利用不可になった仕様を使用している場合は、クラスターの課金方法をサブスクリプションに変更することはできません。 この場合、課金方法を変更する前に次を実行する必要があります: 仕様の変更

注意事項

クラスターの課金方法をサブスクリプションから従量課金 (時間単位) に変更することはできません。 サブスクリプションへの課金方法の変更は慎重に行ってください。

前提条件

  • クラスターのステータスが実行中である必要があります。
  • 課金方法を従量課金 (時間単位) からサブスクリプションに変更するに際して未払いの注文がない状態である必要があります。 未払いの注文がある場合は、[注文] ページでこれらの注文の支払いまたは取り消しを行う必要があります。

手順

  1. ApsaraDB for MongoDB コンソールにログインします。
  2. クラスターが展開されているリージョンを選択します。
  3. 対象となるクラスターを見つけます。 クラスターの [アクション] 列で、 [詳細] アイコンをクリックし、 [サブスクリプションに切り替え] を選択します。
  4. 更新期間を指定して、ApsaraDB for PolarDB サブスクリプション利用規約をお読みになったら、同意のチェックボックスを選択し、有効化をクリックします。
    • お支払いが完了すると、新しい課金方法が有効になります。
    • 注文が未払いであるか、または支払いに失敗した場合、[注文] ページに未払いの注文の一覧が表示されます。クラスターの新規購入や、サブスクリプションへの課金方法の変更はできません。 新規注文をする前に、注文の支払いまたは取り消しを行う必要があります。