Log Service の収集機能および設定 / 分析機能の設定を行うと、ログの検索 / 分析およびダッシュボード機能をそのまま使用したり、他のユーザーと共有することもできます。 ただし、RAM を使用して共有した場合、サブアカウントの管理コストがかかる場合があります。 この状況を回避するために、Log Service では、照会 / 分析およびダッシュボードが統合された、埋め込みページにログインしてシングルポイントにすることができます。

このタスクについて

利点

特定の Logstore 検索ページとダッシュボードページを構築 Web サイトに埋め込むことができます。 これにより、Alibaba Cloud にログインしなくても Log Service の分析および可視化機能にアクセスできます。
  • 専用の検索ページとダッシュボードページは、Web サイトにも簡単に埋め込むことができます。
  • セキュリティトークンサービス (STS) を使用してログインリンクを生成し、リモートアクセス管理 (RAM) を使用して読み取り権限といった操作権限を制御できます。

手順

  1. 構築 Web サイトにログインします。
    ログインすると、Web サーバー STS は一時的な ID を取得します。
  2. Alibaba Cloud ログインサービスにリクエストを送信して、ログイントークンを取得します。
    STS から一時 AccessKey ペアとセキュリティトークンを取得した後、ログインサービスインターフェイスを呼び出してログイントークンを取得します。
    STS によって返されるセキュリティトークンには、特殊文字が含まれる場合があります。 トークンに特殊文字が含まれる場合、トークンを使用する前に URL エンコード方式でエンコードします。
    例:
    http://signin.aliyun.com/federation?Action=GetSigninToken
                        &AccessKeyId=<STS より返された一時アクセスキーペア>
                        &AccessKeySecret=<STS より返された一時 Secret>
                        &SecurityToken=<STS より返されたセキュリティトークン>
                        &TicketType=mini
  3. ログイン不要のリンクを生成します。
    1. ログイントークンを取得すると、埋め込みページへのリンクと共にアクセスリンクを生成します。
      トークンは 3 時間有効のため、 新しいログイントークンを生成し、各アクセスリクエストを 302 メッセージを使用して構築 Web サイトへの埋め込みリンクにリダイレクトすることを推奨します。
      リクエスト例:
      http://signin.aliyun.com/federation?Action=Login
                                  &LoginUrl=<Address to which a logon request is redirected upon a logon failure, which is usually configured to the URL on your self-built website through a 302 message;>
                                  &Destination=<Log Service page to be accessed. Pages for query and dashboard are supported.>
                                  &SigninToken=<Logon token obtained>
    2. ページに埋め込み
      • 検索と分析のための完全なページ (複数のタグが許可されています)
        https://sls4service.console.aliyun.com/next/project/<Project name>/logsearch/<Logstore name>?hideTopbar=true&hideSidebar=true
      • 検索ページ
        https://sls4service.console.aliyun.com/next/project/<Project name>/logsearch/<Logstore name>?isShare=true&hideTopbar=true&hideSidebar=true
      • ダッシュボードページ
        https://sls4service.console.aliyun.com/next/project/<Project name>/dashboard/<Dashboard name>?isShare=true&hideTopbar=true&hideSidebar=true

Java、PHP、Python の例は次の通りです。
  • Java:
    <dependency>
                        <groupId>com.aliyun</groupId>
                        <artifactId>aliyun-java-sdk-sts</artifactId>
                        <version>3.0.0</version>
                        </dependency>
                        <dependency>
                        <groupId>com.aliyun</groupId>
                        <artifactId>aliyun-java-sdk-core</artifactId>
                        <version>3.5.0</version>
                        </dependency>
                        <dependency>
                        <groupId>org.apache.httpcomponents</groupId>
                        <artifactId>httpclient</artifactId>
                        <version>4.5.5</version>
                        </dependency>
                        <dependency>
                        <groupId>com.alibaba</groupId>
                        <artifactId>fastjson</artifactId>
                        <version>1.2.47</version>
                        </dependency>
  • PHP
  • Python