本ドキュメントでは、線を使用してデータポイント (鉄道など) を示すために線レイヤーを設定する方法について説明します。

前提条件

線レイヤーの子ウィジェットが基本的なフラットマップに追加され、ウィジェットパラメータが設定されます。 詳細については、「マップコンテナ」をご参照ください。

構成プレーンの設定

  • Stroke Options
    • ColorMinValue ColorMaxValue ColorNoData Color の値を設定します。
      • MinValue Color は、value フィールドで最小値を持つ線の色を示します。
      • MaxValue Color は、 value フィールドで最大値を持つ線の色を示します。
      • NoData Color は、 value フィールドで値を持たない線の色を示します。
      線で示される値が最大値と最小値の間にある場合、その線の色はその値に基づいて計算されたグラデーションカラーです。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。
      Configuration プレーンの [Color] 値と Data プレーンの [color] フィールドの両方が設定されている場合、Data プレーンの値が有効となります。
    • LineWidth :スライダをドラッグするか値を入力して、線幅を設定します。
    • Dotted Line :ドロップダウンリストから線種を選択します。
  • Interactive Options
    • Hover[Eye] アイコンをクリックすると、ホバー機能を有効または無効にできます。 ホバー効果に表示する線の色と幅を設定できます。 この効果は、レイヤーをプレビューしたとき、または レイヤーを放したときにのみ表示されます。
    • Click FitBounds :このチェックボックスをオンにして、線のフォーカス効果を有効にします。 この効果が有効になると、クリックした行が自動的にフォーカスされるようになります。 線のフォーカス効果は、レイヤーをプレビューしたとき、または レイヤー を放したときにのみ表示されます。
    • FitBounds Padding :スライダをドラッグして、線のフィットバウンドパディングを設定します。 パラメータを設定する前に [Click FitBounds] のチェックボックスをオンにします。 パディング設定は、レイヤーをプレビューしたとき、またはレイヤーを放した後にのみ表示されます。
    • Callback ID :ウィジェット間でデータを関連付けるためのフィールドを設定します。 このフィールドは、このウィジェットのデータに関連付けられている必要があります。このパラメータに設定できるフィールドは 1 つだけです。
      この機能は、複数のフィールドを設定できる [Interaction] プレーンに追加することもできます。 さらに、この関数は Configuration プレーンから取り除かれます。 そのため、ウィジェットを最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。

データプレーンの設定

GeoJSON LineString データ および マッピングデータ の 2 つのデータソースが必要となります。
  • GeoJSON LineString データ :GeoJSON LineString データを設定します。 この種類のデータをマッピングデータと関連付ける場合は、この種類のデータに一意の link_id または id フィールドがあることを確認する必要があります。 詳細については、http://geojson.org/geojson-spec.html をご参照ください。
    {
    "type": "FeatureCollection",
    "features": [
      {
        "type": "Feature",
        "properties": {
          "link_id": 1,
          "name": "test"
        },
        "geometry": {
          "type": "LineString",
          "coordinates": [
            [
              109.4677734375,
              41.409775832009565
            ],
            [
              117.46582031249999,
              36.31512514748051
            ],
            [
              118.828125,
              32.0639555946604
            ],
            [
              114.9169921875,
              27.566721430409707
            ]
          ]
        }
      }
    ]
    }
    ポップアップボックスにメッセージを設定するには、[properties] フィールドを使用します。
  • マッピングデータ
    • link_id :マッピングデータと GeoJSON データを関連付ける ID を設定します。
    • value :線の 太さ を設定します。 このフィールドに基づいて、ConfigurationMinValue ColorMaxValue ColorNoData Color の設定が有効となります。
    • info :ポップアップボックスのメッセージを設定してください。 このフィールドを設定しない場合、ポップアップボックスのメッセージには GeoJSONデータに指定された properties フィールドの内容が表示されます。
    • colorcolorweightdashArray など、線のレンダリングに使用できるフィールドを設定します。

インタラクションプレーンの設定

[Enable] チェックボックスを選択し、インタラクション機能を有効にします。 詳細については、「ティッカーボードのコールバック ID の設定 」をご参照ください。