すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

インスタンス作成時のパスワード確認を設定

最終更新日: Mar 19, 2020

問題

リソーススタックの作成でパスワードパラメータを指定するときに、間違ったパスワードを入力すると、作成されたプロダクトのインスタンスにログインすることができません。

解決策

この問題を解決するには、スタックテンプレートを編集してPasswordブロックの Confirm パラメータの値に true を指定します。テンプレートに"Confirm": trueを指定すると、このテンプレートを基にスタックを作成する際、パスワード確認が求められます。つまり、スタックを作成するときに、同じパスワードを 2 回入力しないとスタックは正しく作成されません。

設定方法は次のとおりです。

  1. テンプレートにパスワードパラメータを設定します。

    例:

    1. "InstancePassword": {
    2. "Confirm": true,
    3. "NoEcho": true,
    4. "MaxLength": "41",
    5. "Description": "The logon password of ECS instances",
    6. "Type": "String",
    7. "ConstraintDescription": "Consist of 8 to 41 characters of alphanumeric characters",
    8. "MinLength": "8",
    9. "AllowedPattern": "[a-zA-Z0-9]*"
    10. },

    注意:Confirm 属性は、NoEcho の値が true の場合にのみ有効となります。

  2. ROS コンソールでスタックを作成する際、[スタックの有効化] ページでインスタンスにパスワードを設定し、確認します。

    Set password