このトピックでは、IPv4 アドレスブロックを使用して VPC ネットワークを作成する方法について説明します。 VPC の作成後、この VPC 内に ECS インスタンスを作成して EIP に関連付けることで、ECS インスタンスはインターネットにアクセスできるようになります。

ステップ 1:VPC と VSwitch の作成

VPC にクラウドリソースをデプロイするには、ネットワーク計画を完了する必要があります。 詳細は、「VPC ネットワークの計画」をご参照ください。

VPC と VSwitch を作成するには、次の手順を実行します。

  1. VPC コンソールにログインします。
  2. VPC を作成するリージョンを選択します。

    VPCは、デプロイするクラウドリソースと同じリージョンに存在する必要があります。 このトピックでは、[中国 (青島)] を選択します。

  3. [VPCs] ページで、[VPC の作成] をクリックします。
  4. [VPC の作成] ページで、VPC と VSwitch を設定し、[OK] をクリックします。
    このトピックでは、[IPv6 CIDRブロック] フィールドで [デフォルト] を選択します。

ステップ 2:ECS インスタンスの作成

VPC に ECS インスタンスを作成するには、次の手順を実行します。

  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、[VSwitches] をクリックします。
  3. ターゲット VSwitch が属するリージョンを選択します。 このトピックでは、[中国 (青島)] を選択します。
  4. [VSwitches] ページでターゲット VSwitch を見つけ、[アクション] 列の [購入] > [ECS インスタンス] を選択します。
  5. [カスタム購入] ページで、ECS インスタンスを設定し、[支払いの確認] をクリックします。
    次のようにネットワークパラメーターを設定します。
    • ネットワークタイプ:作成した VPC と VSwitch を選択します。
    • パブリック IP の割り当て:このチェックボックスは選択しないでください。
    • セキュリティグループ:デフォルトのセキュリティグループを使用します。
  6. ECS コンソールに戻り、作成された ECS インスタンスを確認します。
    作成された ECS インスタンスの確認

ステップ 3:EIP の作成と ECS インスタンスへの関連付け

EIP は、個別に購入できるパブリック IP アドレスです。 EIP を VPC 内の ECS インスタンスに関連付けて、ECS インスタンスがインターネットにアクセスできるようにします。

EIP を作成して ECS インスタンスに関連付けるには、次の手順を実行します。

  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、[Elastic IP アドレス] をクリックします。
  3. [Elastic IP アドレス] ページで、[EIP の作成] をクリックします。
  4. [Elastic IP] ページで EIP を設定し、[今すぐ購入] をクリックして支払いを完了します。
    EIP の課金の詳細は、「 従量課金」をご参照ください。
  5. [Elastic IP アドレス] ページでターゲット EIP を見つけ、[アクション] 列の [バインド] をクリックします。
  6. [Elastic IP アドレスのバインド] ページで、次の設定を完了し、[OK] をクリックします。
    • インスタンスタイプ:[ECS インスタンス] を選択します。
    • ECS インスタンス:EIP に関連付ける ECS インスタンスを選択します。

ステップ 4:インターネットへのアクセスのテスト

EIP を ECS インスタンスに関連付けた後、ECS インスタンスはインターネットとの通信が可能になります。 関連付けた EIP アドレスを使用して、ECS インスタンスにアクセスできます。
リモートアクセスは、ECS インスタンスのセキュリティグループルールで許可されている必要があります。 詳細は、「 よく使用されるポートの一般的なアプリケーション」をご参照ください。