ここでは VPC ネットワーク内の ECS インスタンス (VPC インスタンスと省略する) に付与されたパブリック IP アドレスを elastic パブリック IP アドレス (EIP) に変換する方法を説明します。 変更後もパブリック IP アドレスを保持し、別の ECS インスタンスにバインドできます。

制限事項

パブリック IP アドレスを EIP アドレスに変換するには、以下の制限事項を考慮してください。

  • 変更は元に戻せません。 割り当て済みのパブリック IP アドレスを EIP アドレスに変換する際は注意してください。

  • パブリック IP アドレスが割り当てられた VPC インスタンスのみがサポートされます。

  • 停止済みまたは稼働中ステータスの VPC インスタンスのみがサポートされます。

  • 有効化されていない仕様変更を保有していない VPC インスタンスのみがサポートされます。

  • ライフサイクルが残り 24 時間以内ではない VPC インスタンスのみがサポートされます。

  • 変換は VPC インスタンスのインターネットアクセスには影響を与えません。 一時的なトラフィックの中断を引き起こすことはありません。

  • パブリックトラフィックの課金方法は変更されません。

  • 変更後、EIP アドレスは別途課金されます。 EIP アドレスの課金の詳細については「EIP 課金」をご参照ください。 課金管理内の使用記録ページで Elastic パブリック IP 使用記録のダウンロードが可能です。

手順

パブリック IP アドレスを Elastic パブリック IP (EIP) アドレスに変更するには、次の手順を実行します。

  1. 「ECS コンソール」にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. パブリック IP アドレスを変換したいVPC インスタンス をクリックし、[操作] 列で [詳細] > [EIP へ変換] をクリックします。
  5. "EIP へ変換"ダイアログボックスで、注意事項を読んだ後に[OK] をクリックします。
  6. インスタンスリストをリフレッシュします。
パブリック IP アドレスが EIP アドレスに変換されると、その IP アドレスの後に (Elastic IP アドレス)と表示されます。

IP アドレスをクリックすると EIP アドレスを管理するための EIP コンソールに移動します。

フォローアップ操作

パブリック IP アドレスが EIP アドレスに変換されると、インスタンスから EIP アドレスのバインドを解除し、別のインスタンスにその EIP アドレスをバインドすることができます。 そのEIP アドレスをリリースすることも可能です。 詳しくは、「EIP のアンバインドとリリース」をご参照ください。

関連 API

ConvertNatPublicIpToEip パブリック IP アドレスを EIP アドレスに変換するためのインターフェイスを使うこともできます。 現在、SDK 4.3.0 または以降のバージョンがこのインターフェイスをサポートします。

最新 SDK のダウンロード