はじめに

帯域幅上限機能は、各統計サイクル (5 分) 中に計測された平均帯域幅の最大値を設定します。平均帯域幅が最大値を超えると、ドメイン名のセキュリティを保護するため、ドメイン名が自動的にオフラインになります。その状況では、すべてのリクエストがオリジンサイトに返されます。 帯域幅上限値に達すると、CDN は高速化サービスを停止するので、異常なトラフィック量によって生じる過剰な料金を回避できます。ドメイン名がオフラインになったら、コンソールでドメイン名を再起動できます。

現在帯域幅上限機能はワイルドカードドメイン名では使用できないため、有効にしてもまったく機能しません。

RAM サブアカウントにこの機能を使用するには CloudMonitor 許可が必要です。 CloudMonitor 権限を付与するには、AliyunCloudMonitorFullAccess ポリシーグループを使用します。

手順

ピーク帯域幅機能を有効にした後、サービスは帯域幅上限によって制限され、それを超えるとオフラインになります。 ドメイン名でサービスの継続的な実行を確保するには、合理的な見積もりにより慎重に上限値を設定するよう推奨します。
  1. CDN コンソールにログオンします。
  2. [ドメイン名] のページでドメイン名を選択し、[管理] をクリックします。
  3. [高度な設定] を選択し、 [ピーク帯域幅] ラベルの下にある[変更] をクリックします。
  4. 帯域幅上限を有効にします。 単位を Mbps、Gbps、または Tbps から選択します。
    帯域幅の値は 1,000 のべき乗で設定できます。
  5. [確認] をクリックします。 その後、ピーク帯域幅は正常に有効化されます。

ピーク帯域幅機能を有効化するか無効化するかは、ドメイン名の実際の使用状況に基づいて選択できます。