VPCネットワークでは、Elastic IPアドレス(EIP)、NATゲートウェイ、インターネットサーバーロードバランサー(SLB)、及びECSインスタンスのパブリックIPを使用してインターネットへアクセスできます。

パブリックIPアドレス

Alibaba Cloudには、ECSインスタンスのパブリックIP、NAT帯域幅パッケージのパブリックIP、インターネットSLBインスタンスのパブリックIP、VPNゲートウェイのパブリックIPなど、さまざまなパブリックIPアドレスがあります。 パブリックIPアドレスの一元的な管理を簡単に実行するため、ECS、NAT Gateway、およびSLBは、EIPにバインドできるようになりました。

インターネット向けプロダクト

次の表に、利用可能なインターネット向けプロダクトと対応する機能を示します。

プロダクト 機能と特徴 利点
VPC ネットワークの ECS インスタンスパブリック IP

VPC ネットワーク内で ECS インスタンスを作成時に自動的に割り当てられるパブリック IPです。 このパブリック IP を使用することで、ECS インスタンスがインターネット(SNAT)にアクセスできるようになり、インターネット(DNAT)からアクセスされることも可能になります。

データ転送プランを使用することができます。

パブリック IP を EIP に変更すると、 インターネット共有帯域幅も使用できるようになります。

Elastic IP アドレス( EIP ) EIP を使用することで、ECS インスタンスがインターネット(SNAT)にアクセスできるようになり、インターネット(DNAT)からアクセスされることも可能になります。

ECS インスタンスからいつでも EIP をバインド/バインド解除することができます。

インターネットコストを削減するためにインターネット共有帯域幅データ転送プランを使うことができます。

NAT Gateway NAT Gateway はエンタープライズ級のインターネットゲートウェイであり、複数の ECS インスタンスが一つの EIP(SNAT)を通してのインターネットへのアクセスや、インターネット(DNAT)からのアクセスを対応しています。
SLB に比べ、NAT Gateway 自体はトラフィックの負荷分散機能を提供していません。

複数の ECS インスタンスへのインターネットアクセスがサポートされています。 (EIP はこのサポートを提供していないことにご注意ください。)

Server Load Balancer

ポートに基づいたロードバランシング。SLB にはレイヤ 4(TCP と UDP プロトコル)とレイヤ 7(HTTP と HTTPS プロトコル)のロードバランシングを対応しています。 SLB はクライアントのリクエストをインターネットからバックエンド ECS インスタンスに転送できます。

ECS インスタンスはパブリック IP なしでは SLB を通してのインターネット(SNAT)へのアクセスを対応していません。

DNAT では、SLB はインターネットリクエストを複数の ECS インスタンスに転送できます。

Server Load Balancer は、サービス機能を向上させ、全体的な可用性を向上させることができます。

EIP でバインドすると、 インターネット共有帯域幅データ転送プランを使用してインターネットコストを削減することができます。

シナリオ1:外部サービスの提供

  • 単一ECSインスタンスで外部サービスを提供します

    アプリケーションが1つしかなく、事業の規模が大きくなければ、単一ECSだけでもご希望の要件を満たせます。 このECSには、アプリケーション、データベース、ファイルをデプロイすることができます。 そしてECSインスタンスにEIPをバインドすれば、 ユーザーがインターネットを通してデプロイされたアプリケーションにアクセスできるようになります。

  • レイヤ4ロードバランシング付きの外部サービスを提供

    トラフィックが大量発生する場合は、ECSがすべてのアクセストラフィックに対応することはできません。 複数のECSインスタンスを配置する必要があります。 このような状況では、レイヤー4リスナー付きのインターネットSLBインスタンスを配置し、これらのECSインスタンスをバックエンドサーバーとして追加するだけで良いです。

  • レイヤー7ロードバランシング付きの外部サービスを提供

    基本的なトラフィック分散機能に加え、異なった業務トラフィックを異なったバックエンドサーバーに配布する場合、レイヤー7リスナーにURL転送ルールを追加することができます。 このような状況では、レイヤー7リスナー付きのインターネットSLBインスタンスを配置し、これらのECSインスタンスをバックエンドサーバーとして追加するだけで良いです。

シナリオ2:パブリックIPなしでECSインスタンスのインタネットへのアクセス

  • EIPのバインド

    ECSインスタンスの所有量が少ない場合、各ECSインスタンスに1つのEIPをバインドすることができます。 そうすれば、ECSインスタンスはEIPを使用してインターネットにアクセスできます。 インターネットアクセスが不要になった場合は、いつでもECSインスタンスからEIPをバインド解除できます。

  • NATゲートウェイを使用してのSNATエントリーの構成

    ECSインスタンスを多数所有し、各ECSインスタンスにそれぞれEIPをバインドする場合は、管理コストが高くなります。 さらに、ユーザーもEIPでインターネットを通してECSインスタンスにアクセス可能になってしまいます。 このような状況では、VSwitch内のECSインスタンスのためにSNATエントリーを構成してインターネットにアクセスすることをお勧めします。DNATエントリーの構成をしないでください。 そうすれば、ECSインスタンスはインターネットにアクセスできるようになりますが、ユーザーがインターネットを通してECSインスタンスにアクセスすることはできません。詳細は次を参照してください。