ルールエンジンを利用して、IoT Platform から MNS (Message Service) へデータを転送します。デバイスとサーバー間のメッセージ伝送性能が向上します。 以下に利点について説明します。

データ転送

  • デバイスはデータをアプリケーションサーバーに送信します

    デバイスはメッセージを IoT Platform に送信し、そこでメッセージはルールエンジンで処理され、指定された MNS トピックに転送されます。 その後、アプリケーションサーバーは MNS の関連 API を呼び出して、デバイスからのメッセージに関するトピックをサブスクライブすることができます。

    この方法の利点の 1 つは、MNS を使用してメッセージを受信および格納することで、サーバーのダウンタイム中にメッセージパケットが失われるのを防ぐことです。 もう 1 つの利点は、MNS が大量のメッセージを同時に処理できることです。つまり、サーバーが多数の並行タスクを処理しなければならない場合でも、サービスは利用可能です。

  • アプリケーションサーバーはデバイスにデータを送信します

    アプリケーションサーバーは IoT Platform の関連 API を呼び出して IoT Platform にメッセージをパブリッシュし、デバイスはサーバーからのメッセージに関する関連トピックをサブスクライブします。

手順

  1. RAM コンソールにログインし、IoT Platform から MNS にメッセージを書き込む権限を持ったロールを作成します。

    その後、IoT Platform でデータ転送ルールを設定する際に、このロールを適用して IoT Platform が MNS にデータを書き込めるようにします。 そのようなロールを適用しないと、IoT Platform はデータを MNS に転送することができません。

    ロールの詳細については、『RAM ロールの管理』をご参照ください。

  2. MNS コンソールで、IoT Platform からのメッセージを受け取るトピックを作成します。
    1. [トピック] > [トピックの作成] をクリックします。
    2. [トピックの作成] ダイアログボックスに、トピックの名前を入力し、[OK] をクリックします。
    3. [トピックリスト] ページで、トピックを探し、操作列にある [サブスクリプションリスト] をクリックします。
    4. [サブスクリプションリスト] ページで、[サブスクライブ] をクリックします。
    5. このトピックのサブスクライバーを作成します。 サブスクライバーは、IoT Platform からのメッセージのトピックをサブスクライブするサーバーです。

      1 つの MNSトピックに複数のサブスクライバーを作成することができます。

      詳細については、『MNS ドキュメンテーション』をご参照ください。

  3. IoT Platform コンソールに移動し、[ルール] ページで[ルールの作成] をクリックしてルールを作成します。
  4. [ルール] ページへ戻り、新しく作成したルールを探し、右側にある [管理] をクリックします。
  5. [データフローの詳細] ページで、メッセージの処理とフィルターに使う SQL 文を書きます。 詳細については、「ルールの作成と設定」と「SQL 文」をご参照ください。
  6. [データフローの詳細] ページで、[データ転送] の横にある [操作の追加] をクリックします。
  7. [操作の追加] ダイアログボックスで、MNS トピックの情報を入力します。

    パラメーターの説明:

    パラメーター 説明
    操作の選択 データ転送先となる Alibaba Cloud 製品を選択します。 ここでは、[Message Service に送信] をクリックします。
    リージョン MNS トピックがあるリージョンを選択します。
    テーマ IoT Platform からデータを受信する MNS トピックを選択します。
    ロール IoT Platform が MNS にデータを書き込むことができる権限を持つロール。
  8. [ルール] ページで、このルールに対応する [開始] をクリックしてルールを実行します。

    その後、IoT Platform は、指定された IoT Platform トピックのメッセージを、指定された MNS トピックに転送できます。