すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

HTTPS 証明書エラー

最終更新日: Mar 20, 2020

エラーメッセージ

証明書認証エラーまたは証明書期限切れのプロンプトは、HTTPS インターフェイス呼び出し中に返されます。

原因および解決方法

1. 無効な証明書

API プロバイダの証明書は非主流組織によって発行されますが、ブラウザが自動的にルート証明書を更新するため、ブラウザ アクセスに使用できます。 ただし、以前のバージョンのオペレーティング システムのルート証明書は、証明書発行機関を信頼しないか、信頼の期限切れです。

解決方法

  1. クライアントのルート証明書を更新します。 たとえば、Java+Linux の場合、OpenSSL クライアントを更新します。 その他のオペレーティング システムおよびプログラミング言語の場合は、HTTPS で使用されるルート証明書を該当プログラミング言語で更新します。
  2. より優れた互換性を備えた主流の SSL 証明書に変更するには、API プロバイダにお問い合わせください。
  3. SSL 証明書の有効性確認はプログラムでは省略されています。 ただし、リクエストがハイジャックされる可能性があるため、この設定はお勧めしません。 この方法は、API プロバイダがより優れた互換性を持つ主流の SSL 証明書を提供できず、セキュリティリスクが制御可能である場合にのみ使用できます。

2. API プロバイダの SSL 証明書が無効

API プロバイダの SSL 証明書が期限切れです。

解決方法

  1. SSL 証明書を変更するには、API プロバイダにお問い合わせください。
  2. SSL 証明書の有効性確認はプログラムでは省略されています。 ただし、リクエストがハイジャックされる可能性があるため、この設定はお勧めしません。 この方法は、API プロバイダがより優れた互換性を持つ主流の SSL 証明書を提供できず、セキュリティリスクが制御可能である場合にのみ使用できます。