SQL ルールに基づいて処理されたデータは、マシン間(machine-to-machine: M2M)通信などのアプリケーションのために、別のトピックに転送できます。

始める前に

転送を設定する前に、「ルールの作成と設定」の手順に従って SQL スクリプトを作成し、データをフィルタリングしてください。

このタスクについて

以下に、ルールエンジンの設定に基づいてトピック 1 から トピック 2 にデータを転送する方法について説明します。

手順

  1. [データ転送] の横にある [操作の追加] をクリックします。 [操作の追加] ページが表示されます。
  2. ページの指示に従ってパラメーターを設定します。
    • [別のトピックにパブリッシュ] を選択します。
    • トピック: データの転送先トピック。 プロダクトを選択したら、トピックを記入する必要があります。 ${} を使用してコンテキスト依存の値を引用することができます。 たとえば、${dn}/get では、メッセージからデバイス名を選択できます。 このトピックのサフィックスは get です。