ApsaraDB RDS が提供する可用性、信頼性、安全性、スケーラビリティに優れたクラウドホスト型データベースは、商用データベースに匹敵するものです。 これらのクラウドホスト型データベースのコストは、ECS インスタンスでホストされる自己管理データベースと比較して約 3 分の 2 低くなります。 また、サードパーティのデータベースサーバーにデプロイされた自己管理データベースと比較して約 10 分の 9 低くなります。

ApsaraDB RDS インスタンスと自己管理データベースの料金比較

項目 ApsaraDB RDS インスタンス ECS インスタンス上の自己管理データベース サードパーティのデータベースサーバー上の自己管理データベース
ハードウェア、交換部品、および付属品 支払う必要があるのは、作成した RDS インスタンスの料金のみです。 たとえば、2 つの CPU、4 GB のメモリ、100 GB のストレージで構成され、1 秒あたりの入出力操作 (IOPS) が最大 6,800 の RDS インスタンスのコストは、年間 USD 1,000 です。 少なくとも 2 つの ECS インスタンスを購入して、プライマリ/セカンダリアーキテクチャをセットアップする必要があります。 それぞれ 2 つの CPU、4 GB のメモリ、100 GB のストレージで構成され、IOPS が最大 6,800 の ECS インスタンス 2 つのコストは、年間 USD 900 です。
  • 少なくとも 2 台のデータベースサーバーを購入する必要があります。 IOPS が最大 6,800 のデータベースサーバーのコストは、約 USD 1,200 です。
  • フロントエンド Web サーバーへの接続に使用する内部スイッチを 1 台購入する必要があります。 1U のホストされないスイッチのコストは、約 USD 140 です。
  • 将来の修理と交換に備えて、交換部品と付属品を購入する必要があります。 これらの交換部品と付属品のコストは、初期ハードウェア費用の少なくとも 30% です。
  • (1200 × 2 + 140) × 130% ≒ 3300 の数式により、初期ハードウェア費用は約 USD 3,300 になります。

    ハードウェアの耐用年数を 3 年とした場合、交換部品と付属品の年間コストは、3300/3 = 1100 の数式により USD 1,100 になります。

データセンターのホスティング クラウドサービスプロバイダーがホスティング料金を支払います。 お客様に請求される料金はありません。 クラウドサービスプロバイダーがホスティング料金を支払います。 お客様に請求される料金はありません。 1U のラックスペースにつき、年間 USD 400 のコストがかかります。 2 台の 1U データベースサーバーと 1 台の 1U 内部スイッチをホストするのに必要な年間料金は、400 × 3 = 1200 の数式により USD 1,200 になります。
帯域幅
  • 同じリージョンにある ECS インスタンスと RDS インスタンスは、内部ネットワークを経由して無料で通信できます。
  • 異なるリージョンにある ECS インスタンスと RDS インスタンスは、インターネットを経由して通信できます。 使用するインターネットトラフィックの料金を支払う必要があります。 詳細については、 ApsaraDB RDS の料金ページをご参照ください。
  • 同じリージョンにある ECS インスタンスは、内部ネットワークを経由して無料で通信できます。
  • 異なるリージョンにある ECS インスタンスは、インターネットを経由して通信できます。 使用するインターネットトラフィックの料金を支払う必要があります。 詳細については、「パブリック帯域幅」をご参照ください。
データベースは、内部ネットワークを経由してのみ通信できます。 インターネットトラフィックは使用しないため、インターネットトラフィックの料金を支払う必要はありません。
データベースの運用と保守 (O&M) クラウドサービスプロバイダーが O&M 料金を支払います。 お客様に請求される料金はありません。 初級データベース管理者の月給は USD 5,000 以上です。 初級データベース管理者が実行する必要がある仕事の 30% をデータベースプロジェクトが占める場合、データベースプロジェクトを維持するために必要な年間コストは、5000 × 12 × 30% = 18000 の数式により USD 18,000 以上になります。 初級データベース管理者の月給は USD 5,000 以上です。 初級データベース管理者が実行する必要がある仕事の 30% をデータベースプロジェクトが占める場合、データベースプロジェクトを維持するために必要な年間コストは、5000 × 12 × 30% = 18000 の数式により USD 18,000 以上になります。
合計 年間 USD 1,000 年間 USD 18,900 年間 USD 20,300

自己管理データベースと比較した場合の ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスの利点

項目 ApsaraDB RDS for MySQL インスタンス ECS インスタンス上の自己管理データベース サードパーティのデータベースサーバー上の自己管理データベース
費用対効果
  • スケーラブルなリソースが提供されます。
  • AliSQL は、Alibaba Cloud によって開発された独立した MySQL ブランチです。 AliSQL には、MySQL Enterprise Edition と似た機能がいくつか用意されています。 これらの機能により、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。 詳細については、「AliSQL の特徴の概要」をご参照ください。
  • バックアップを保存するための無料クォータが提供されます。 無料クォータの上限は、購入したストレージ容量の 2 倍です。 詳細については、「ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスのバックアップストレージの無料クォータの確認」をご参照ください。
  • インターネットトラフィックは無料です。
  • ユーザーが用意したドメイン名が無料でサポートされます。
  • ApsaraDB RDS for MySQL への更新は、MySQL の最新リリースに応じて順次 Alibaba Cloud からリリースされます。
  • スケーラブルなリソースが提供されます。
  • オープンソースの MySQL エディションが使用され、最適化は実施されません。
  • 使用するバックアップストレージの料金を支払う必要があります。
  • 使用するインターネットトラフィックの料金を支払う必要があります。
  • 初期投資が高くなります。
  • オープンソースの MySQL エディションが使用され、最適化は実施されません。
  • バックアップリソースを別途割り当てる必要があり、コストが高くなります。
  • 使用するインターネットトラフィックと使用するドメイン名の料金を支払う必要があります。 ドメイン名の料金は高額です。
可用性
  • Basic Edition では、データベースシステムがフェールオーバーを完了するのに約 15 分かかります。
  • High-availability Edition と Cluster Edition では、データベースシステムが Alibaba Cloud 専用の高可用性アーキテクチャを使用します。 このアーキテクチャにより、データベースシステムはフェールオーバーを 30 秒以内に完了できます。
  • 読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、データベースシステムの負荷を分散させることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for MySQL の読み取り専用インスタンスの概要」をご参照ください。
  • データベースシステムでは、読み書き分離により、統合された読み書き分離エンドポイントを使用して、読み取りリクエストと書き込みリクエストを分散させることができます。 詳細については、読み書き分離についての説明をご参照ください。
  • データ分析に使用する分析 RDS インスタンスは現在開発中です。
  • Basic Edition では、データベースがフェールオーバーを完了するのに約 30 分かかります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
  • データを分析する場合は、分析データベースを作成する必要があります。これには、時間とコストがかかります。
  • データベースはスタンドアロンです。 データベースサーバーが故障した場合、修理に数時間から数週間かかることがあります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
  • データを分析する場合は、分析データベースを作成する必要があります。これには、時間とコストがかかります。
信頼性
  • プライマリ RDS インスタンスとセカンダリ RDS インスタンス間のデータの自動レプリケーション、データバックアップ、ログバックアップが提供され、データの高い信頼性が確保されます。
  • MySQL 5.7 を使用する Enterprise Edition は MySQL Group Replication (MGR) をサポートし、目標復旧時点 (RPO) は 0、目標復旧時間 (RTO) は 1 分未満です。
  • データベースは、最適な高可用性アーキテクチャにデプロイされている場合のみ、高可用性を実現できます。
  • RPO を 0 にするには、独立した研究開発 (R&D) サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
  • データの信頼性は中程度で、各ディスクの破損確率によって異なります。
  • RPO を 0 にするには、独立した R&D サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
使いやすさ
  • 自動バックアップと復元は、ポイントインタイムリカバリ (PITR) に加えて、データベースレベルでのバックアップと復元をサポートします。 また、ストリーミングバックアップが実装されており、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスのバックアップ」をご参照ください。
  • ApsaraDB RDS では、自動モニタリングとアラートにより、インスタンスレベルとデータベースレベルのサポート対象メトリックすべてを 10 秒未満でモニタリングできます。 メトリックの値が指定のしきい値を上回った場合、Short Message Service (SMS)、メール、または DingTalk によって ApsaraDB RDS からアラートが送信されます。 また、購入の明細に応じて SMS アラートの無料クォータが提供されます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスのアラートルールの設定」をご参照ください。
  • 数回クリックするだけでエンジンのマイナーバージョンを更新できます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスのエンジンのマイナーバージョンをアップグレードする」をご参照ください。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入し、Cloud Monitor コンソールで設定する必要があります。
  • 使いやすさに関しては技術的な課題があります。
  • バージョン更新のコストが高くなります。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • リモートデータセンターはコストが高く、セットアップに手間がかかります。
  • バージョン更新のコストが高くなります。
パフォーマンス
  • ローカル SSD を使用する ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスは、パフォーマンスが優れています。
  • ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスは、ローカル SSD または標準 SSD を使用する場合よりも、ESSD クラウドディスクを使用する場合の方がパフォーマンスが高くなります。
  • 読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、パフォーマンスを向上させ、負荷を分散させることができます。
  • SQL Explorer 機能により、データベースのモニタリングとパフォーマンス最適化の要件をほとんど満たすことができます。 詳細については、「SQL Explorer」をご参照ください。
  • ローカルディスクを選択した場合、データの信頼性が低下します。 一方、クラウドディスクを選択した場合、ディスクのアーキテクチャを計画する必要があり、コストが高くなります。
  • 同じ ESSD クラウドディスクを使用した場合、ECS でホストされる自己管理 MySQL データベースは、ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • Cluster Edition はコンサルティングとメンテナンスのコストが高いため、容易にデプロイできません。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
  • データベースサーバーの更新速度は、クラウドコンピューティングハードウェアよりも遅くなります。 そのため、これらのサーバーの自己管理データベースは、ApsaraDB RDS for MySQL インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • コンピューティングとストレージの分離は難しく、高度なストレージメディアを使用する場合は数百万米ドルのコストがかかる可能性があります。
  • Cluster Edition はコンサルティングとメンテナンスのコストが高いため、容易にデプロイできません。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
セキュリティ
  • ホワイトリスト、セキュリティグループ、および VPC 隔離メカニズムが提供されます。
  • リンク暗号化とディスク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。 BYOK のローテーションは難しいため、高いコンサルティングコストが発生します。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。
  • ホワイトリストと VPC 隔離メカニズムを設定する必要があります。 これにより、高いコンサルティングコストが発生します。
  • リンク暗号化とディスク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。 BYOK のローテーションは難しいため、高いコンサルティングコストが発生します。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。

自己管理データベースと比較した場合の ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスの利点

項目 ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンス ECS インスタンス上の自己管理データベース サードパーティのデータベースサーバー上の自己管理データベース
費用対効果
  • スケーラブルなリソースが提供されます。
  • SQL Server Web Edition は提供されません。
  • 使用するバックアップストレージの料金を支払う必要があります。
  • 使用するインターネットトラフィックの料金を支払う必要があります。
  • 初期投資が高くなります。
  • SQL Server Web Edition は提供されません。
  • バックアップリソースを別途割り当てる必要があり、コストが高くなります。
  • 使用するインターネットトラフィックと使用するドメイン名の料金を支払う必要があります。 ドメイン名の料金は高額です。
可用性
  • Basic Edition では、データベースシステムがフェールオーバーを完了するのに約 15 分かかります。
  • High-availability Edition と Cluster Edition では、データベースシステムが Alibaba Cloud 専用の高可用性アーキテクチャを使用します。 このアーキテクチャにより、データベースシステムはフェールオーバーを 30 秒以内に完了できます。
  • Cluster Edition では、読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、データベースシステムの負荷を分散させることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for SQL Server の読み取り専用インスタンスの概要」をご参照ください。
  • Cluster Edition では、読み書き分離により、統合された読み書き分離エンドポイントを使用して、読み取りリクエストと書き込みリクエストを分散させることができます。 詳細については、「読み書き分離の概要」をご参照ください。
  • Basic Edition では、データベースがフェールオーバーを完了するのに約 30 分かかります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
  • データベースはスタンドアロンです。 データベースサーバーが故障した場合、修理に数時間から数週間かかることがあります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
信頼性
  • プライマリ RDS インスタンスとセカンダリ RDS インスタンス間のデータの自動レプリケーション、データバックアップ、ログバックアップが提供され、データの高い信頼性が確保されます。
  • Cluster Edition の RPO は 0 です。
  • データベースは、最適な高可用性アーキテクチャにデプロイされている場合のみ、高可用性を実現できます。
  • RPO を 0 にするには、独立した R&D サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
  • データの信頼性は中程度で、各ディスクの破損確率によって異なります。
  • RPO を 0 にするには、独立した R&D サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
使いやすさ
  • 自動バックアップと復元では、PITR に加えて、データベースレベルでのバックアップと復元がサポートされます。 また、ストリーミングバックアップが実装されており、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスのバックアップ」をご参照ください。
  • ApsaraDB RDS では、自動モニタリングとアラートにより、インスタンスレベルとデータベースレベルのサポート対象メトリックすべてを 10 秒未満でモニタリングできます。 メトリックの値が指定のしきい値を上回った場合、SMS、メール、または DingTalk によって ApsaraDB RDS からアラートが送信されます。 また、購入の明細に応じて SMS アラートの無料クォータが提供されます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスのアラートルールの設定」をご参照ください。
  • ジオディザスタリカバリは現在開発中です。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入し、Cloud Monitor コンソールで設定する必要があります。
  • 使いやすさに関しては技術的な課題があります。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • リモートデータセンターはコストが高く、セットアップに手間がかかります。
パフォーマンス
  • ローカル SSD を使用して SQL Server 2008 R2 を実行する RDS インスタンスは、パフォーマンスが優れています。 SQL Server 201x を実行する RDS インスタンスがコンピューティングとストレージの次世代の分離をサポートするため、ハードウェアの分離から利点を得ることができます。
  • ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスは、ローカル SSD または標準 SSD を使用する場合よりも、ESSD クラウドディスクを使用する場合の方がパフォーマンスが高くなります。
  • 読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、パフォーマンスを向上させ、負荷を分散させることができます。
  • ローカルディスクを選択した場合、データの信頼性が低下します。 一方、クラウドディスクを選択した場合、ディスクのアーキテクチャを計画する必要があり、コストが高くなります。
  • 同じ ESSD クラウドディスクを使用した場合、ECS でホストされる自己管理 SQL Server データベースは、ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • Cluster Edition はコンサルティングとメンテナンスのコストが高いため、容易にデプロイできません。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
  • データベースサーバーの更新速度は、クラウドコンピューティングハードウェアよりも遅くなります。 そのため、これらのサーバーの自己管理データベースは、ApsaraDB RDS for SQL Server インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • コンピューティングとストレージの分離は難しく、高度なストレージメディアを使用する場合は数百万米ドルのコストがかかる可能性があります。
  • Cluster Edition はコンサルティングとメンテナンスのコストが高いため、容易にデプロイできません。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
セキュリティ
  • ホワイトリスト、セキュリティグループ、および VPC 隔離メカニズムが提供されます。
  • リンク暗号化とディスク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。 これにより、高いコンサルティングコストが発生します。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。
  • ホワイトリストと VPC 隔離メカニズムを設定する必要があります。 これにより、高いコンサルティングコストが発生します。
  • リンク暗号化とディスク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。 これにより、高いコンサルティングコストが発生します。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。
法的責任
  • ApsaraDB RDS for SQL Server には有効なライセンスが付属しているため、 ご使用に関する法的リスクは一切ありません。
  • ユーザー提供のライセンスは、近日中にサポートされる予定です。 これらのライセンスにより、全体的な支出を削減できます。
有効なライセンスを購入する必要があります。 有効なライセンスを購入する必要があります。 購入しなければ、法的責任が発生する可能性があります。

自己管理データベースと比較した場合の ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスの利点

項目 ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンス ECS インスタンス上の自己管理データベース サードパーティのデータベースサーバー上の自己管理データベース
費用対効果
  • スケーラブルなリソースが提供されます。
  • AliPG はオープンソースの PostgreSQL と互換性があります。 AliPG には、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためのさまざまな機能が用意されています。 これらの機能には、Alibaba Cloud 専用の機能がいくつか含まれています。 詳細については、「AliPG の利点」をご参照ください。
  • バックアップを保存するための無料クォータが提供されます。 無料クォータの上限は、購入したストレージ容量の 2 倍です。 詳細については、「ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスのバックアップストレージの無料クォータの確認」をご参照ください。
  • インターネットトラフィックは無料です。
  • ユーザーが用意したドメイン名が無料でサポートされます。
  • ApsaraDB RDS for PostgreSQL への更新は、PostgreSQL の最新リリースに応じて順次 Alibaba Cloud からリリースされます。
  • スケーラブルなリソースが提供されます。
  • オープンソースの PostgreSQL エディションが使用され、最適化は実施されません。
  • 使用するバックアップストレージの料金を支払う必要があります。
  • 使用するインターネットトラフィックの料金を支払う必要があります。
  • 初期投資が高くなります。
  • オープンソースの PostgreSQL エディションが使用され、最適化は実施されません。
  • バックアップリソースを別途割り当てる必要があり、コストが高くなります。
  • 使用するインターネットトラフィックと使用するドメイン名の料金を支払う必要があります。 ドメイン名の料金は高額です。
可用性
  • Basic Edition では、データベースシステムがフェールオーバーを完了するのに約 15 分かかります。
  • High-availability Edition と Cluster Edition では、データベースシステムが Alibaba Cloud 専用の高可用性アーキテクチャを使用します。 このアーキテクチャにより、データベースシステムはフェールオーバーを 30 秒以内に完了できます。
  • 読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、データベースシステムの負荷を分散させることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for PostgreSQL の読み取り専用インスタンスの概要」をご参照ください。
  • Basic Edition では、データベースがフェールオーバーを完了するのに約 30 分かかります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
  • データベースはスタンドアロンです。 データベースサーバーが故障した場合、修理に数時間から数週間かかることがあります。
  • 高可用性アーキテクチャをセットアップするには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で購入する必要があります。
  • データベース間で負荷を分散させるには、ソフトウェアまたはハードウェアを追加で構成または購入する必要があります。
信頼性
  • プライマリ RDS インスタンスとセカンダリ RDS インスタンス間のデータの自動レプリケーション、データバックアップ、ログバックアップが提供され、データの高い信頼性が確保されます。
  • RPO のカスタマイズにより、RPO を 0 に指定できます。
  • データベースは、最適な高可用性アーキテクチャにデプロイされている場合のみ、高可用性を実現できます。
  • RPO を 0 にするには、独立した R&D サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
  • データの信頼性は中程度で、各ディスクの破損確率によって異なります。
  • RPO を 0 にするには、独立した R&D サービスを購入する必要があり、コストが高くなります。
使いやすさ
  • 自動バックアップと復元では、PITR に加えて、データベースレベルでのバックアップと復元がサポートされます。 また、ストリーミングバックアップが実装されており、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスのバックアップ」をご参照ください。
  • ApsaraDB RDS では、自動モニタリングとアラートにより、インスタンスレベルとデータベースレベルのサポート対象メトリックすべてをモニタリングできます。 メトリックの値が指定のしきい値を上回った場合、SMS、メール、または DingTalk によって ApsaraDB RDS からアラートが送信されます。 また、購入の明細に応じて SMS アラートの無料クォータが提供されます。 詳細については、「ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスのアラートルールの設定」をご参照ください。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入し、Cloud Monitor コンソールで設定する必要があります。
  • 自動バックアップはサポートされません。 ストリーミングバックアップと PITR 機能を購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
  • 独立したモニタリングシステムを購入または設定する必要があり、コストが高くなります。
パフォーマンス
  • ローカル SSD を使用する ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスは、パフォーマンスが優れています。
  • ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスは、ローカル SSD または標準 SSD を使用する場合よりも、ESSD クラウドディスクを使用する場合の方がパフォーマンスが高くなります。
  • 読み取り専用 RDS インスタンスを作成して、パフォーマンスを向上させ、負荷を分散させることができます。
  • SQL Explorer 機能により、データベースのモニタリングとパフォーマンス最適化の要件をほとんど満たすことができます。 詳細については、「SQL 監査 (データベースエンジン)」をご参照ください。
  • ローカルディスクを選択した場合、データの信頼性が低下します。 一方、クラウドディスクを選択した場合、ディスクのアーキテクチャを計画する必要があり、コストが高くなります。
  • 同じ ESSD クラウドディスクを使用した場合、ECS でホストされる自己管理 PostgreSQL データベースは、ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
  • データベースサーバーの更新速度は、クラウドコンピューティングハードウェアよりも遅くなります。 そのため、これらのサーバーの自己管理データベースは、ApsaraDB RDS for PostgreSQL インスタンスよりもパフォーマンスが劣ります。
  • コンピューティングとストレージの分離は難しく、高度なストレージメディアを使用する場合は数百万米ドルのコストがかかる可能性があります。
  • 経験豊富なデータベース管理者を採用する必要があります。 これには高いコストがかかります。
セキュリティ
  • ホワイトリスト、セキュリティグループ、および VPC 隔離メカニズムが提供されます。
  • リンク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。
  • ホワイトリストと VPC 隔離メカニズムを設定する必要があります。 これにより、高いコンサルティングコストが発生します。
  • リンク暗号化による保護メカニズムを購入または設定する必要があります。
  • SQL ログを個別に保存する必要があるため、SQL 監査に手間がかかります。

ApsaraDB RDS の利用開始

詳細については、以下のトピックをご参照ください。