このページでは、ブロックストレージの使用に関するよくある質問への回答を示します。

Enhanced SSD (ESSD) について教えてください

ESSD は、Alibaba Cloud が提供する超ハイパフォーマンスクラウドディスクです。 ESSD は、25 GE ネットワークとリモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) テクノロジーを使用して、片方向のレイテンシが低い、最大 100 万のランダム IOPS を提供します。 詳細については、「ESSD クラウドディスク」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) にはどのような仕様がありますか

ESSD には、最大パフォーマンスに基づく 3 つの仕様があります。 ESSD パフォーマンスの最新情報については、 「ESSD クラウドディスク」をご参照ください 。

ESSD クラウドディスクの場合、容量が大きいほどデータ処理性能が向上します。 ESSD クラウドディスクによって提供される容量、IOPS、およびスループットは、パフォーマンスレベルによって異なります。 次の表に具体的な容量と性能を示します。
パフォーマンスレベル 容量 (GiB) 最大 IOPS 最大スループット (Mbit/s)
PL1 20~32,768 50,000 350
PL2 461~32,768 100,000 750
PL3 1,261~32,768 1,000,000 4,000

Enhanced SSD (ESSD) 、SSD クラウドディスク、Ultra クラウドディスクの類似点と相違点は何ですか

  • 類似点:ディスクの 3 つのカテゴリはすべて、分散ブロックストレージアーキテクチャに基づいており、高い信頼性とスケーラビリティを提供し、スナップショットとデータ暗号化をサポートしています。
  • 相違点:ESSD は、ディスクの 3 つのカテゴリの中で最高のパフォーマンスを発揮します。 詳細については、「ESSD クラウドディスク」および「ストレージパラメータおよびパフォーマンステスト」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) のパフォーマンスレベルはどのように測定されますか

ESSD のパフォーマンスレベルは、そのストレージ容量に比例します。 より大きなストレージ容量を持つESSD は、より高いパフォーマンスを提供します。 SSD クラウドディスクと比較して、ESSD のパフォーマンスははるかに優れています。 詳細については、「ESSD クラウドディスク」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) のパフォーマンスをテストして 100 万 IOPS の結果を取得するにはどうすればよいですか

ESSD でストレステストを実行するには、fio (フレキシブル IO テスター) を使用することを推奨します。 詳細については、「t10114.html#task_2363356」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) のストレージパフォーマンスと、Enhanced SSD (ESSD) が接続されているインスタンスのストレージパフォーマンスとの間にはどのような関係がありますか

インスタンスタイプの仕様は、インスタンスレベルのストレージのパフォーマンスに影響を与えます。 インスタンスタイプの仕様が高いほど、IOPS とスループットが向上します。

たとえば、強化されたパフォーマンスの g5se ストレージ最適化インスタンスファミリーのインスタンスを作成し、インスタンスに ESSD を接続すると、次のようになります。

  • ESSD の合計ストレージパフォーマンスが、インスタンスタイプが提供できる最大ストレージパフォーマンスを超えない場合、インスタンスは ESSD の合計ストレージパフォーマンスを提供します。
  • ESSD の合計ストレージパフォーマンスが、インスタンスタイプが提供できる最大ストレージパフォーマンスを超える場合、インスタンスのストレージパフォーマンスは、インスタンスタイプが提供できる最大ストレージパフォーマンスに制限されます。

    たとえば、最大 60,000 IOPS を提供できる ecs.g5se.xlarge インスタンスタイプの 16 GiB インスタンスを作成するとします。 ESSD をインスタンスに接続し、ESSD のストレージ容量が 2 TiB で、最大 IOPS が 101,800 である場合、インスタンスの最大 IOPS は 101,800 ではなく 60,000 です。

g5se インスタンスファミリーのパフォーマンスと仕様については、 「インスタンスタイプファミリー」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) はどのように課金されますか。

ESSD はサブスクリプションと従量課金をサポートしています。 詳細は、「料金ページ」をご参照ください。

Enhanced SSD (ESSD) はどのリージョンとゾーンで使用できますか

ESSD は、次のリージョンとゾーンで使用できます。
  • 杭州 (中国東部1):ゾーン G、ゾーン H、ゾーン I
  • 上海 (中国東部2):ゾーン E、ゾーン F、ゾーン G
  • 北京 (中国北部 2) :ゾーン F、ゾーン G、ゾーン H
  • 張家口 (中国北部3):ゾーン A、ゾーン B
  • 深セン (中国南部1):ゾーン D、ゾーン E
  • 成都 (中国西部 1):ゾーン A
  • 香港 (中国) :ゾーン C
  • ムンバイ (インド):ゾーン B
  • ロンドン (英国):ゾーン B
  • シドニー (オーストラリア):ゾーン B

Enhanced SSD (ESSD) に接続できるのはどのインスタンスファミリーですか

ESSD は、25 GE ネットワーク (g6、g5、ic5、c6、c5、r6、r5、g5se) をサポートするインスタンスファミリー、ECS ベアメタルインスタンスファミリー (ebmhfg5、ebmc4、ebmg5、ebmgn6v、 ebmgn6i、ebmc5s、ebmg5s、ebmr5s、 sccgn6)、およびエンタープライズレベルのヘテロジニアスコンピューティングインスタンスファミリー (vgn5i、gn6i、gn6v、gn5、gn5i、gn4、ga1、f1、f3) のインスタンスにのみ接続できます。 詳細については、「インスタンスタイプファミリー」をご参照ください。

ブロックストレージデバイスのパフォーマンスをテストするには、どのツールを使用できますか

詳細については、「t1850233.html#task_2363356」をご参照ください。

fio を使用してインスタンスの I/O パフォーマンスをテストした際に、インスタンスがシャットダウンしたのはなぜですか

fio を使用して RAW ディスクパーティション、またはファイルシステムをテストすることにより、インスタンスの I/O パフォーマンスをテストできます。 ただし、このテストを RAW ディスクパーティションで実行すると、RAW ディスクパーティション内のファイルシステムのメタデータが損傷する可能性があり、パーティション内のファイルにアクセスできなくなる場合があります。 これにより、インスタンスがシャットダウンすることもあります。 この問題は、fio を使用してファイルシステムをテストし、インスタンスの I/O パフォーマンスをテストする場合には発生しません。

ゾーンを選択してディスクを作成し、ディスクを ECS インスタンスに接続する場合、何を考慮する必要がありますか

従量課金のディスクは、ディスクと同じゾーンにある ECS インスタンスにのみ接続できます。

  • 高可用性アプリケーションの場合、異なるゾーンにデータディスクを作成し、それらを ECS インスタンスに接続することを推奨します。
  • 低レイテンシアプリケーションの場合、ECS インスタンスと同じゾーンにデータディスクを作成し、それらをインスタンスに接続することを推奨します。

ディスクで実行できる一般的な操作とはどのようなものですか

ディスクで実行できる一般的な操作の詳細については、「クラウドディスクの概要」 の「関連操作」セクションをご参照ください。

ブロックストレージデバイスの使用量と空き容量を照会するにはどうすればよいですか

ECS インスタンスにログインして、インスタンス内のブロックストレージデバイスの使用量と空き容量を照会できます。 ECS コンソールを使用して、または ECS API 操作を呼び出して、ブロックストレージデバイスの使用量と空き容量を照会することはできません。

ディスクを縮小できますか

いいえ、ディスクを縮小することはできません。 購入したディスクを縮小する場合は、目的のサイズのディスクを作成し、元のディスクと同じインスタンスに接続することを推奨します。 その後、元のディスクに保存されているデータを新しいディスクにコピーし、元のディスクをリリースします。

有効期限が切れていないサブスクリプションディスクをリリースするにはどうすればよいですか

Alibaba Cloud のサブスクリプションデータディスクは、有効期限が切れる前にリリースすることはできません。 サブスクリプションデータディスクをリリースするには、まず従量課金データディスクに変更する必要があります。 従量課金データディスクをリリースする前に、そこに格納されているすべての重要なデータをバックアップしたことを確認してください。 詳細については、「 クラウドディスクの課金方法の変更」および「 クラウドディスクのリリース」をご参照ください。
サブスクリプション課金から従量課金に変更されたディスクは、時間単位で課金されます。 従量課金データディスクの課金は、ディスクがリリースされてから 1 時間後に停止します。 ディスクの課金方法がサブスクリプションから従量課金に変更された後、ECS コンソールに払い戻し金額が表示されます。 使用したクーポンは払い戻しできません。

I/O 最適化について教えてください。 既存の ECS インスタンスを I/O 最適化インスタンスにアップグレードできますか

I/O 最適化により、インスタンスとディスクのネットワーク機能、およびストレージパフォーマンスが向上します。 たとえば、I/O 最適化インスタンスに接続することにより、SSD クラウドディスクのストレージパフォーマンスを最適化できます。

ModifyInstanceSpec および ModifyPrepayInstanceSpecを呼び出して、I/O 最適化されていないインスタンスを I/O 最適化インスタンスにアップグレードできます。

SSD クラウドディスクの I/O パフォーマンスはどのくらいですか

詳細については、「ストレージパラメータおよびパフォーマンステスト」をご参照ください。

SSD クラウドディスクはどのシナリオに最適ですか

SSD クラウドディスクは、高いパフォーマンスと高い信頼性を備えています。 MySQL、SQL Server、Oracle、PostgreSQL、およびその他の中小規模のリレーショナルデータベースなど、I/O 集中型のアプリケーションに最適です。 また、高いデータ信頼性を必要とする中小規模の開発環境やテスト環境にも最適です。

汎用クラウドディスクを SSD クラウドディスクに変更できますか

いいえ、SSD クラウドディスクは物理ストレージメディアとして SSD を使用するため、SSD クラウドディスクを汎用クラウドディスクに置き換えることはできません。

SSD クラウドディスクを購入するには、どうすればよいですか。 I/O 最適化インスタンスと SSD クラウドディスクの料金オプションとは、どのようなものですか。

料金の詳細については、「料金」ページをご参照ください。

購入後に SSD クラウドディスクをアップグレードできますか

はい、SSD クラウドディスクをアップグレードおよびスケールアップできます。 詳細については、「概要」をご参照ください。

SSD クラウドディスクのパーティションを I/O 最適化 Linux インスタンスにマウントしようとすると、エラーが報告されるのはなぜですか

Linux オペレーティングシステムでは、SSD クラウドディスクのマウントポイントは /dev/vd* 形式で、汎用クラウドディスクのマウントポイントは /dev/xvd* 形式です。 SSD クラウドディスクのパーティションをマウントするコマンドで、/dev/xvd* 形式のマウントポイントを指定すると、エラーが報告されます。 /dev/vd* 形式のマウントポイントを指定して、SSD クラウドディスクのパーティションをマウントしてください。

Linux インスタンスに汎用クラウドディスク、または SSD クラウドディスクのマウント情報を追加する前に、何に注意する必要がありますか

Linux インスタンスにデータディスクを接続するには、ディスクをフォーマットしてパーティションを作成する必要があります。 この操作を実行するときは、 /dev/xvdb1 が汎用クラウドディスクのマウントポイントであることに注意してください。 /dev/vdb1 は Ultra クラウドディスク、SSD クラウドディスク、または ESSD クラウドディスクのマウントポイントです。 mount -a コマンドで指定された情報が正しくない場合、ディスクの接続は失敗します。 この問題を回避するには、以下の手順を実行してください。

  1. fdisk -l コマンドを実行して、データディスクに関する情報を表示します。
  2. /etc/fstab に追加したデータディスクの情報が、手順 1 と同じか確認します。
    システムの起動に失敗するため、重複したマウント情報を追加しないでください。
  3. vim コマンドを実行して、 /etc/fstab ファイルを変更します。
  4. 誤った情報をコメント化するか削除して、正しいマウント情報を追加します。
  5. mount -a コマンドを実行し、ディスクが接続されているか確認します。

詳細については、「Linux インスタンスでのデータディスクの初期化」をご参照ください。

デバイス名 (マウントポイント) について教えてください。

デバイス名 (マウントポイント) は、ディスクコントローラーバス上の ECS ディスクの場所です。 選択したデバイス名は、Linux のディスクデバイス番号と一致し、Windows のディスクマネージャーのディスクシーケンス番号と一致します。

独立ディスクについて教えてください。

独立ディスクは、別途購入する従量課金データディスクです。 独立ディスクは、ディスクと同じゾーン内の任意の ECS インスタンスに接続または取り外しできます。 独立ディスクをインスタンスに接続し、ディスクを使用する前に、パーティションを作成してフォーマットする必要があります。 詳細については、「クラウドディスクの作成」をご参照ください。

1 つのディスクを複数の ECS インスタンスに同時に接続できますか

いいえ、ディスクは、ディスクと同じゾーン内の 1 つの ECS インスタンスにのみ接続できます。

従量課金ディスクを購入して ECS インスタンスに接続した後、パーティションを作成してフォーマットする必要がありますか

はい。 従量課金データディスクを個別に購入した後、それを ECS インスタンスに接続し、パーティションを作成してフォーマットする必要があります。 詳細については、「Linux インスタンスでのデータディスクの初期化」および「Windows インスタンスでのデータディスクの初期化」をご参照ください。

Linux インスタンス用に購入したデータディスクが見つからないのはなぜですか

従量課金データディスクを個別に購入する場合は、ストレージスペースを表示して使用する前に、インスタンスに接続してパーティションを作成する必要があります。 詳細については、「Linux インスタンスでのデータディスクの初期化」および「クラウドディスクのアタッチ」をご参照ください。

1 つの ECS インスタンスにいくつのディスクを接続できますか

データディスクとして使用する場合、1 つの ECS インスタンスに最大で 16 のデータディスクを接続できます。

ディスクを接続しようとすると、目的の ECS インスタンスが見つからないのはなぜですか

ECS インスタンスがリリースされているかどうかを確認してください。 リリースされていない場合、ECS インスタンスがディスクと同じゾーンにあるか確認してください。

別のゾーンにある ECS インスタンスにディスクを接続できますか

いいえ、従量課金ディスクは、ディスクと同じゾーン内の ECS インスタンスにのみ接続できます。

ディスクを取り外すと、データディスクのデータは失われますか

  • Windows の場合、データの整合性を確保するために、ディスクのすべてのファイルシステムで、すべての読み取りおよび書き込み操作を停止することを推奨します。 停止しない場合、読み取りまたは書き込み中のデータが失われます。
  • Linux の場合、ECS インスタンスにログインして、ディスクの umount コマンドを実行します。 コマンドを実行した後、ECS コンソールにログインしてディスクを取り外してください。

システムディスクを取り外せますか

はい、システムディスクを取り外すことができます。

別途購入した従量課金データディスクはどのように課金されますか

従量課金データディスクは、時間単位で課金されます。 アカウントの残高が不足している場合、データディスクのサービスが停止されることに注意してください。

個別に作成したディスクを ECS インスタンスに接続しました。 インスタンスがリリースされるときにディスクがリリースされるのはなぜですか

インスタンスとともにリリースされるようにディスクを設定しているためです。 この設定は、ECS コンソールで、または API 操作を呼び出すことで変更できます。 詳細については、「クラウドディスクのリリース」をご参照ください。

別途購入した従量課金データディスクをサブスクリプションインスタンスに接続できますか

はい、別途購入した従量課金データディスクをサブスクリプションインスタンスに接続できます。

サブスクリプションインスタンスからデータディスクを取り外せますか

いいえ、サブスクリプションインスタンスからデータディスクを取り外すことはできません。 データディスクは、接続されているサブスクリプションインスタンスと同時に期限切れになり、インスタンスと一緒にリリースされます。 サブスクリプションデータディスクをリリースするには、まず従量課金データディスクに変更してください。 その後、データディスクを取り外してリリースしてください。 ディスクの課金方法を変更する方法については、「 クラウドディスクの課金方法の変更 」をご参照ください。

更新時にディスクの設定を変更しました。 現在のサブスクリプションの残りの期間内にディスクの課金方法をサブスクリプションから従量課金に変更できますか

いいえ、現在のサブスクリプション期間の終了後にインスタンスの設定を変更することによってのみ、ディスクの課金方法をサブスクリプションから従量課金に変更できます。

ディスクを削除すると、そのスナップショットも削除されますか

ディスクの [ディスクのリリース時に自動スナップショットを削除] 機能を有効にした場合、ディスクを削除すると、ディスクの自動スナップショットも削除されます。 ただし、手動スナップショットは保持されます。 この設定はいつでも変更できます。 詳細については、「ディスクリリース時の自動スナップショットの削除」をご参照ください。

ディスク上の一部の自動スナップショットが欠落しているのはなぜですか

スナップショットの数が上限に達すると、最も古い自動スナップショットは自動的に削除されますが、手動スナップショットは影響を受けません。
ディスクに適用される自動スナップショットポリシーは、ディスクがインスタンスに接続された後でのみ実行できます。

スナップショットを使用して独立ディスクを作成できますか

はい、既存のスナップショットを使用して、従量課金の独立ディスクを作成できます。 詳細については、「スナップショットからのクラウドディスクの作成」をご参照ください。

ディスクを接続したときにエラーが発生したため、Linux データディスクのデータにアクセスできません。 どうすればよいですか。

Linux オペレーティングシステムのエラーを修正するには、次の手順を実行してください。
  1. データディスクを見つけ、次のいずれかの方法を使用して、対応する ECS インスタンスに接続されているかどうかを確認します。
    • ECS コンソールで確認を実行します。 詳細については、「クラウドディスクのモニター」をご参照ください。
    • インスタンスにログインし、 fdisk -l コマンドを実行して、データディスクパーティション情報が正しいかどうかを確認します。 df -hmount | grep "<devpath>" コマンドを実行して、マウント情報を表示します。
  2. cat コマンドを実行して /etc/fstab ファイルを表示し、2 つのディスクを同じディレクトリに接続しているかどうかを確認します。
    • 2 つのディスクが同じディレクトリに接続されていると、2 番目のディスクが最初のディスクに置き換わり、最初のディスクのデータにアクセスできなくなります。 2 番目のディスクを別のディレクトリに接続してください。
    • 異なるディレクトリに接続されているが、マウント情報でそれらが同じディレクトリにあることを示している場合は、 ll コマンドを実行して、2 つのディレクトリ間に接続が存在するかどうかを確認します。 2 つのディレクトリ間に接続が存在する場合は、 mkdir コマンドを実行して新しいディレクトリを作成し、ディスクの 1 つを新しいディレクトリに接続します。 次に、データにアクセスできるかどうかを確認します。

ECS Linux インスタンスを再起動した後にデータが失われた場合はどうすればよいですか

  • 問題の説明:ECS Linux インスタンスを再起動すると、/alidata などのディレクトリ内のすべてのデータが失われます。
  • 原因:df -h コマンドを実行すると、コマンド出力に、データディスクパーティションがディレクトリにマウントされていないことが示されます。
  • ソリューション:このソリューションでは、例として I/O 最適化インスタンスを使用します。 ECS インスタンスが I/O 最適化されていないインスタンスである場合は、mount コマンドで、ディスクパーティションのデバイス名を /dev/xvd*1 形式で入力します。
    1. fdisk -l コマンドを実行して、マウントされていないデータディスクパーティションを表示します。
    2. mount /dev/vdb1 /alidata コマンドを実行して、データディスクパーティションを前のディレクトリにマウントします。
    3. df -h コマンドを実行して、データディスクパーティションがディレクトリにマウントされているかどうかを確認します。
    4. 必要に応じて設定します。 この問題を回避するには、システムの /etc/fstab ファイルを設定して、次回のシステム起動時にディスクパーティションを自動的にマウントするようにします。

ディスクを再初期化しても、スナップショットは保持されますか

はい、ディスク内の手動スナップショットと自動スナップショットの両方が保持されます。

Linux インスタンスのデータディスクを、インスタンスを再起動した後、またはシステムディスクを再初期化した後に見つけることができません。 どうすればよいですか。

  • 問題の説明:Linux インスタンスを再起動するか、システムディスクを再初期化した後、インスタンスにログインして、 df -h コマンドを実行します。 コマンド出力で、データディスクが見つからないことを示しています。
  • 原因:
    • インスタンスの再起動:インスタンスを再起動する前に、マウント情報が /etc/fstab ファイルに書き込まれませんでした。 その結果、インスタンスの再起動後、データディスクが自動的に接続されません。
    • システムディスクの再初期化: /etc/fstab ファイルは、システムディスクが再初期化された後にリセットされます。 その結果、システム起動時にデータディスクが自動的に接続されません。
  • ソリューション:
    1. mount /dev/xvdb1 コマンドを実行して、データディスクパーティションを再マウントします。
    2. mount コマンドを実行して、 /dev/xvdb1 パーティションのファイルシステムを確認します。
    3. /dev/xvdb1 パーティションのファイルシステムが ext3 であるとします。 次のコマンドを実行して、パーティションのマウント情報を /etc/fstab ファイルに書き込みます。
      echo '/dev/xvdb1 /data ext3 defaults 0 0' >> /etc/fstab
    4. ECS コンソールでインスタンスを再起動します。

Linux インスタンスのシステムディスクを再初期化した後、データディスクを再接続するにはどうすればよいですか

Linux インスタンスのシステムディスクを再初期化した後、インスタンスに接続されているデータディスクのデータは変更されませんが、データディスクのマウント情報は失われます。 その結果、すべてのデータディスクが取り外されます。 システムディスクが再初期化される前、インスタンスにマウントされたデータディスクパーティションの名前は /dev/vdb1 で、マウントポイントの名前は /InitTest であるとします。 Linux インスタンスを再起動した後、次の手順を実行してデータディスクパーティションを再マウントします。
  1. mount コマンドを実行して、データディスクのマウント情報を表示します。

    コマンド出力には、 /dev/vdb1 の情報は含まれていません。

  2. fdisk -l コマンドを実行して、データディスクパーティションに関する情報を表示します。
  3. cat /etc/fstab コマンドを実行して、/dev/vdb1 データディスクパーティションの元のマウントポイント名を表示します。
  4. mkdir /InitTest コマンドを実行して、データディスクパーティションのマウントポイントを再作成します。

    /dev/vdb1 データディスクパーティションでは、新しいマウントポイント名は元のマウントポイントと同じである必要があります。

  5. mount /dev/vdb1 /InitTest コマンドを実行して、データディスクパーティションを再マウントします。
  6. df -h コマンドを実行して、データディスクパーティションがマウントされているかを確認します。
  7. 次の手順を実行して、 /dev/vdb1 データディスクパーティションを自動的にマウントできるかどうかを確認します。
    1. umount /dev/vdb1 コマンドを実行して、/dev/vdb1 データディスクパーティションをマウント解除します。
    2. mount コマンドを実行して、マウント情報を確認します。

      コマンド出力に/dev/vdb1 の情報が含まれていない場合、パーティションがマウント解除されます。

    3. mount -a コマンドを実行して、/dev/vdb1 を自動的にマウントします。
    4. mount コマンドを実行して、マウント情報を確認します。

      コマンド出力に/dev/vdb1 の情報が表示される場合、パーティションは自動的にマウントされます。

システムディスクを置き換えても、スナップショットは保持されますか

スナップショットの作成方法によって異なります。 手動スナップショットは保持されますが、[ディスクと共に自動スナップショットをリリース] 機能が有効になっている場合、自動スナップショットは削除されます。

システムディスクを置き換えると、ディスク ID が変更されます。 元のシステムディスクのスナップショットを使用して新しいシステムディスクをロールバックすることはできません。

システムディスクを置き換える前に、何に注意する必要がありますか

置き換える前に、現在のシステムディスクのスナップショットを作成することを推奨します。 新しいシステムディスクに十分な空き容量があることを確認してください。 推奨される使用可能なディスク容量は 1 GiB 以上です。 ディスク容量が不足していると、システムディスクを置き換えた後、インスタンスが正しく起動しない可能性があります。

システムディスクを拡張するにはどうすればよいですか

ECS コンソールで、または t9892.html#doc_api_Ecs_ResizeDisk 操作を呼び出して、システムディスクを拡張できます。

システムディスクを拡張した後に縮小できますか

いいえ、システムディスクを拡張した後、縮小することはできません。 必要に応じて、システムディスクを合理的に拡張することを推奨します。

システムディスクとして使用する場合、どのブロックストレージデバイスを拡張できますか。 この操作にはリージョン別の制限が適用されますか

Ultra クラウドディスク、SSD クラウドディスク、および ESSD クラウドディスクは、システムディスクとして使用するときに拡張できます。 すべてのリージョンでシステムディスクを拡張できます。

サブスクリプション ECS インスタンスと従量課金 ECS インスタンスの両方のシステムディスクを拡張できますか

はい、サブスクリプション ECS インスタンスと従量課金 ECS インスタンスの両方のシステムディスクを拡張できます。

システムディスクのストレージ容量の範囲を教えてください。

システムディスクの容量範囲は、オペレーティングシステムによって異なります。 詳細については、「概要」をご参照ください。

更新時にインスタンスの設定を変更しました。 システムディスクを置き換えるときに、システムディスクの新しいサイズを指定できますか

更新時にサブスクリプションインスタンスの構成をダウングレードした後は、新しい請求サイクルが開始したときにのみ、システムディスクを拡張できます。

データディスクのスナップショットからディスクを作成して、データ損失のリスクなしにデータディスクを拡張するにはどうすればよいですか

ディスクエラーが原因でデータの損失なくデータディスクを拡張できない場合は、従量課金ディスクを購入して、元のデータディスクからデータを一時的に保存し、元のデータディスクをフォーマットすることができます。 そうするには、次の手順を実行します。
  1. 現在のデータディスク (元のデータディスク) のスナップショットを作成します。 詳細については、「スナップショットの作成」をご参照ください。
  2. [ディスクの購入] ページに進みます。 ECS インスタンスのリージョンとゾーンを選択して、従量課金ディスクを購入します。 [スナップショットから作成] をクリックします。 表示されるダイアログボックスで、前の手順で作成したスナップショットを選択します。
  3. ECS コンソールにログインし、前の手順で購入した新しいデータディスクを ECS インスタンスに接続します。
  4. ECS インスタンスにログインし、 mount コマンドを実行して、新しいデータディスクをインスタンスに接続します。 スナップショットから作成されたディスクを接続する方法の詳細については、「 スナップショットからのクラウドディスクの作成」をご参照ください 。
  5. 新しいデータディスクのファイルが、元のデータディスクのファイルと同じかを確認します。
  6. fdisk コマンドを実行して、元のパーティションテーブルを削除します。 次に、 fdisk mkfs.ext3 などのコマンドを実行して、新しいデータディスクのパーティションを再作成して再フォーマットし、目標容量まで拡張します。 詳細については、「Linux でのデータディスクの拡張」をご参照ください。
  7. cp -R コマンドを実行して、新しいデータディスクのすべてのデータを元のデータディスクにコピーします。

    --preserve=all 設定を追加すると、ファイルをコピーするときにファイルのプロパティを保持できます。

  8. umount コマンドを実行して、新しいデータディスクを取り外します。
  9. ECS コンソールで、新しいデータディスクを ECS インスタンスから取り外し、ディスクをリリースします。

Linux インスタンスのディスクを拡張するときに "Bad magic number in super-block while trying to open /dev/xvdb1" エラーメッセージが返された場合はどうすればよいですか

  • 問題の説明: e2fsck -f /dev/xvdb コマンドを実行して、Linux ECS インスタンスのディスクを拡張すると、"Bad magic number in super-block while trying to open /dev/xvdb1" というエラーメッセージが返されます。
  • 原因:拡張するディスクのパーティションが作成されていません。
  • ソリューション: e2fsck -f /dev/xvdb resize2fs /dev/xvdb コマンドを実行して、ディスクを拡張します。 次に、 mount コマンドを実行して、ディスクを接続します。

データストレージ用にデータディスクのパーティションを作成できますか

はい、必要に応じてデータディスクを複数のパーティションに分割できます。 パーテショニングには、システムツールの使用を推奨します。

複数のパーティションを持つディスクの場合、スナップショットはディスク全体に対して作成されますか、それとも特定のパーティションに対してのみ作成されますか

スナップショットは、特定のパーティションではなく、ディスク全体に対して作成されます。

ディスクのパーティションを再作成する前に、何に注意する必要がありますか

データのセキュリティを確保するために、ディスクのパーティションを再作成する前に、ディスクのスナップショットを作成することを推奨します。 これにより、誤った操作を実行した場合にディスクをロールバックできます。 詳細については「スナップショットの作成」と「自動スナップショットポリシーの作成と削除」をご参照ください。

データの書き込みとパーティショニング、およびフォーマットの関係について教えてください。

新しいディスクまたはディスクパーティションは、初期化され、ディスクにデータ構造が記録された後でのみ使用できます。 フォーマットの目的は、ファイルシステムを作成することです。 したがって、ファイルシステムがディスク上に作成されると、ファイルシステムのデータがディスクに書き込まれます。 フォーマット中にディスクに書き込まれるデータの量は、ファイルシステムによって異なります。

  • Windows インスタンスでは、次のいずれかの方法を使用してデータディスクをフォーマットできます。
    • クイックフォーマット:この方法では、ファイルシステムのみをパーティションに割り当て、ディレクトリテーブルを書き換えることができます。 クイックフォーマットが占有する容量はわずかです。
    • 完全フォーマット:この方法では、ファイルシステムをパーティションに割り当て、ディレクトリテーブルを書き換え、不良セクターをスキャンしてマークを付けることができます。 さらに、フォーマット処理中に、ディスク上の空のデータブロックが書き込まれます。これは、ディスク全体を書き込むことと同じです。 この場合、最初の完全なスナップショットのサイズは、ディスクサイズとほぼ同じです。
  • Linux インスタンスでは、ディスクのフォーマット後にデータがディスクに書き込まれない場合、最初のスナップショットのサイズは、ディスク上のファイルシステムのフォーマットによって異なります。

ディスクのパーティションを再作成した後、スナップショットを使用してデータディスクをロールバックしました。 ディスクで使用可能なパーティションはいくつありますか

スナップショットを使用してデータディスクをロールバックすると、ディスクはスナップショットが作成されたときの状態に戻ります。 スナップショットが作成されたときに、ディスクのパーティションが再作成されていない場合、ディスクで使用できるパーティションは 1 つだけです。

ディスクをロールバックしようとすると、次のようなエラーメッセージが返されます。「ディスクは、接続されているインスタンスが停止していて、ディスクにスナップショットが作成されていない場合にのみロールバックできます。 現在の ECS インスタンスのオペレーティングシステムが置き換えられている場合、置き換え前に作成されたスナップショットを使用して、新しいシステムディスクをロールバックすることはできません。」 どうすればよいですか。

  • 問題の説明:スナップショットを使用してディスクをロールバックしようとすると、次のようなエラーメッセージが返されます。 「ディスクは、接続されているインスタンスが停止していて、ディスクにスナップショットが作成されていない場合にのみロールバックできます。 現在のインスタンスのオペレーティングシステムが置き換えられている場合、置き換え前に作成されたスナップショットを使用して、新しいシステムディスクをロールバックすることはできません。」
  • 原因:この問題は、不適切なディスクプロパティ、またはディスクステータスが原因である可能性があります。
  • ソリューション:インスタンスのステータス、またはスナップショットのステータスに基づいて問題をトラブルシューティングできます。
    • ディスクが接続されているインスタンスが停止しているか確認してください。

      ディスクが接続されているインスタンスが停止状態にある場合にのみ、ディスクをロールバックできます。 ECS コンソールにログインして、[インスタンス] ページでインスタンスのステータスを確認できます。

    • スナップショットに関連付けられているインスタンスのシステムディスクが置き換えられているかを確認します。

      システムディスクを置き換えるために、新しいイメージを選択した場合、新しいイメージから新しいシステムディスクが自動的に再作成され、システムディスク ID が変更されます。 したがって、元のシステムディスクのスナップショットを使用して、新しいシステムディスクをロールバックすることはできません。 ただし、これらのスナップショットの 1 つからカスタムイメージを作成し、そのカスタムイメージを使用してインスタンスのシステムディスクを置き換えることができます。 このようにして、インスタンスは、スナップショットが作成されたときの状態に戻ります。 詳細については、「スナップショットを使用したカスタムイメージの作成」および「システムディスクの交換 (プライベートイメージ)」をご参照ください。

    • ロールバックするディスクにスナップショットが作成されているか確認します。

      データの整合性を確保するために、Alibaba Cloud では、スナップショットがディスクから作成されている間に、ユーザーがディスクをロールバックすることを許可していません。 [インスタンスの詳細] ページに移動します。 左側のナビゲーションウィンドウで 、[インスタンススナップショット] をクリックします。 スナップショットのステータスを確認します。 進捗値が 100%ではなく、ステータス値が作成中の場合、スナップショットが作成されています。

      ディスクをロールバックするためにスナップショットの作成プロセスを強制的に終了する必要がある場合は、スナップショットを選択して、 [削除] をクリックします。

Linux インスタンスのシステムディスクからデータを移行するにはどうすればよいですか

データディスクを接続せずに ECS Linux インスタンスを購入したとします。 インスタンスが一定期間使用されると、システムディスクの使用率は 100% に近づき、ビジネスのニーズを満たすことができなくなります。 この問題を解決するには、データディスクを購入してインスタンスに接続します。 次に、 mv コマンドを実行して、システムディスクからデータディスクにデータを移行します。

インスタンス間でデータをコピーするにはどうすればよいですか

オペレーティングシステムに基づいて、データのコピー方法を選択できます。
  • Linux インスタンス間のデータのコピー
    • lrzsz ツールの使用

      Linux インスタンスにログインし、lrzsz ツールをインストールして、 rz コマンドを実行し、 1 つの Linux インスタンスにファイルをアップロードします。次に、sz コマンドを実行し、その他の Linux インスタンスにファイルをダウンロードします。

      最初に sz コマンドを実行してファイルをローカル PC にダウンロードし、次に rz コマンドを実行してこれらのファイルをその他の Linux インスタンスにアップロードすることもできます。

    • FTP サービスの使用

      SFTP ツールを使用する場合は、ルートアカウントを使用してインスタンスにログインし、ファイルをアップロードまたはダウンロードすることを推奨します。

    • wget コマンドの使用

      1 つのインスタンスで、ファイルまたはフォルダーを圧縮し、それを Web ディレクトリーに保存して、ダウンロード URL を生成します。 次に、 その他の Linux インスタンスで wget コマンドを実行して、ファイルまたはフォルダーをダウンロードします。

  • Linux インスタンスと Windows インスタンス間のデータのコピー

    SFTP ツールを使用して Linux インスタンスからローカル PC にファイルをダウンロードし、FTP サービスを使用してファイルを Windows インスタンスにアップロードすることを推奨します。

  • Windows インスタンス間のデータのコピー
    • FTP サービスの使用
    • TradeManager の使用