カスタムモニタリングでは、メトリクスとアラームルールをカスタマイズできます。 PutCustomMetric API を呼び出して、注意が必要なビジネスメトリクスを CloudMonitor に報告できます。 次に、CloudMonitor コンソールでモニタリングデータを表示し、これらのメトリクスのアラートルールを作成できます。 CloudMonitor が、異常なメトリクスに関するアラート通知を送信します。 障害の迅速な処理と、事業の継続性を確保できます。

始める前に

モニタリングデータは CloudMonitor に報告されます。 詳細については、「モニタリングデータのレポート」をご参照ください。

このタスクについて

イベントモニタリングとカスタムモニタリングには、以下のような違いがあります。
  • イベントモニタリングは、非連続的なイベントのデータに焦点を当てたモニタリングです。
  • カスタムモニタリングは、定期的に収集された時系列のデータに焦点を当てたモニタリングです。

モニタリングデータの表示

カスタマイズモニタリングデータを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Cloud Monitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 対象のアプリケーショングループを探してグループ名をクリックします。
  4. 左側のナビゲーションウィンドウで、[カスタマイズモニタリング] をクリックします。
  5. 表示されたページで対象の測定値名をクリックします。
  6. 表示したいタイムシリーズオプションを選択します。

アラームルールの設定

  1. Cloud Monitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 対象のアプリケーショングループを探してグループ名をクリックします。
  4. 左側のナビゲーションウィンドウで、[カスタマイズモニタリング] をクリックします。
  5. 対象の測定値名をクリックして対象のタイムシリーズオプションを選択します。
  6. "操作"[アラームルールの設定] をクリックします。
  7. 表示された アラームルールの作成のページでアラームルールの名前を入力し、該当する測定値、ディメンション、アラームポリシー、通知方法を選択します。