はじめに

Back-to-Origin プロトコルと同じプロトコルを使用する機能が有効になっている場合、Back-to-Source は、クライアントがリソースをリクエストするときに使用するのと同じプロトコルを使用してリソースをリクエストします。 requests for resources uses the same protocol used by the client in order to request resources. クライアントがリソースに対して HTTPS リクエストを実行し、リソースがノードにキャッシュされていない場合は、リソースに対して同じ Back-to-Source の HTTPS リクエストが実行されます。 not cached on the node, the same back-to-source HTTPS request will be made for resources. 同様に、HTTP リクエストにも適用できます。

オリジンサイトは、ポート 80 とポート 443 の両方をサポートしている必要があり、そうでなければ、Back-to-Source が失敗する可能性があります。

手順

  1. ドメイン名 ページに移動してドメイン名を選択し、[管理] をクリックします。
  2. [キャッシュ設定] > [同一プロトコルで Back-to-Origin を有効化][変更] をクリックします。
  3. [リダイレクトタイプ] : [フォロー] [HTTPS] または [HTTP] を選択します。