ここでは、GPT フォーマットを使用して、さまざまなオペレーティングシステムで大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットする方法について説明します。 大容量データディスクとは 2 TiB より大きいディスクを指し、2 TiB より小さいディスクサイズは小容量データディスクを指します。

2 TiB 未満のデータディスクをパーティション分割してフォーマットする場合は、 「Linux インスタンス用データディスクのフォーマット」および 「Windows インスタンス用データディスクのフォーマット」をご参照ください。

注記

大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットする前に、次の点にご注意ください。

  • 大容量データディスクは、次の表に示すパーティションツールとファイルシステムをサポートしています。

    オペレーティングシステム パーティションツール ファイルシステム
    Linux parted ext4 または xfs
    Windows ディスクの管理 NTFS
  • 小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成することは推奨しません。

    小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成すると、以下のリスクが発生する可能性があります。

    • システムはデバイスのディスクのブロックレベルを拡張しますが、パーティションフォーマットとファイルシステム間で自動的には変換しません。
    • 小容量データディスクのスナップショットで MBR フォーマットが使用されている場合、サポートされているどのパーティションツール (Linux parted、Windows ディスクの管理) でも MBR を GPT に変換してデータを保持することはできません。 したがって、小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成する場合でも、パーティション分割および初期化中に、元のデータを削除し、GPT フォーマットでパーティション分割する必要があります。 小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成した場合は、「Windows を使用して小容量データディスクのスナップショットで作成した大容量データディスクのパーティション分割とフォーマット」をご参照ください。
      これは、小容量データディスクのスナップショットが GPT フォーマットの場合、または他の強力なパーティション分割ツールがある場合には当てはまりません。 状況に基づいて選択します。
    代わりに、以下の理由により、空の大容量データディスクを作成するか、大容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成します。
  • データディスクスナップショットの影響

    使用しているデータディスクが大容量か小容量かに関わりなく、データディスクからスナップショットを作成するプロセスはディスクの総データ量に比例します。 ディスクに危害を受け損傷した大量のデータ、または残ったデータの断片が含まれている場合は、スナップショットの作成時間が長くなります。

Windows を使用した空の大容量データディスクのパーティション分割とフォーマット

次の例では、Windows Server 2008 R2 64 ビットオペレーティングシステムを使用して、Windows インスタンスで大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットする方法を説明します。 処理対象のデータディスクが 4 TiB の空のディスクであるとします。

前提条件

データディスクがインスタンスにアタッチされている必要があります。 詳細は、「クラウドディスクのアタッチ」をご参照ください 。

手順

大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットするには、次の手順を実行します。

  1. Windows インスタンスに接続します。
  2. タスクバーのアイコンをクリックします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ストレージ] > [ディスクの管理] の順にクリックします。
  4. パーティション分割およびフォーマットするディスクを検索します (この例では、Disk 4)。 ディスクのステータスは、"Offline" です。
  5. Disk 4 周辺の空白のエリアを右クリックし、[オンライン] をクリックします。

    オンラインになった後、Disk 4 は "Not Initialized" のステータスになります。

  6. Disk 4 周辺の空白のエリアを右クリックし、コンテキストメニューの [ディスクの初期化] を選択します。
  7. [ディスクの初期化] ダイアログボックスで、[Disk 4] を選択し、ディスクのパーティション分割方法として [GPT] を選択します。
  8. [ディスクの管理] ウィンドウで、Disk 4 の [未割り当て] エリアを右クリックし、[新しいシンプルボリューム] をクリックして NTFS フォーマットで 4 TiB のボリュームを作成します。
  9. [新しいシンプルボリュームウィザード] で、次の手順を実行します。
    1. [次へ] をクリックします。
    2. ボリュームサイズを選択: シンプルボリュームのサイズを指定します。 マスターエリアのみを作成する場合は、デフォルト値を使用します。 [次へ] をクリックします。 [Disk 4] をいくつかのパーティションに分割もできます。
      最大 NTFS ボリュームは、理論的には 2 64-1 クラスタを含む NTFS の最大ボリュームです。 ただし、Windows XP Pro では、NTFS の最大ボリュームは 2 32-1 クラスタです。 たとえば、64 KiB のクラスタの場合、最大 NTFS ボリュームは約 256 TiB です。 4 KiB のクラスタを選択した場合、NTFS の最大ボリュームは 16 TiB です。 NTFS はディスク容量に基づいてクラスタサイズを自動的に選択します。

    3. ドライブ文字とパスの割り当て: ドライブ文字を選択します。このインスタンスでは G を選択します。 [次へ] をクリックします。
    4. フォーマットパーティション: ファイルシステム、分散ユニットサイズ、ボリュームラベルなどのフォーマット設定を選択して、[クイックフォーマットの実行] および [ファイルとフォルダの圧縮の有効化] のいずれかを行うかどうかを確認します。 ここでは [クイックフォーマットの実行] を選択します。[次へ] をクリックします。
    5. ウィザードに表示されるプロンプトに従い、新しいシンプルボリュームの作成を開始します。 [完了] をクリックします。

フォーマットされたパーティションが完了すると、[ディスクの管理][Disk 4] のステータスが次のスクリーンショットのように表示されます。

Windows を使用した小容量データディスクのスナップショットで作成した大容量データディスクのパーティション分割とフォーマット

小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成する場合は、まずデータディスクのパーティションフォーマットを MNR から GPT に変換してからデータディスクをフォーマットする必要があります。 ただし、元のスナップショットのデータは保存されるため、小容量データディスクのスナップショットを使用して大容量データディスクを作成することは推奨しません。

この方法ですでに大容量データディスクを作成している場合は、次の操作を実行してこのデータディスクをパーティション分割してフォーマットします。 次のオペレーティングシステムの例では、Windows Server 2012 R2 64 ビットオペレーティングシステムを使用しています。 処理対象のデータディスクが 3 Tib のディスクであるとします。

前提条件

データディスクがインスタンスにアタッチされている必要があります。

手順

大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットするには、次の手順を実行します。

  1. Windows インスタンスに接続します。
  2. Windows Server デスクトップで [スタート] ボタンをクリックし、[ディスクの管理] をクリックします。

    フォーマットまたはパーティション分割されていないデータディスク (この例では Disk 2) は、"Offline" ステータスです。

  3. Disk 2 周辺の空白のエリアを右クリックした後、コンテキストメニューの [オフライン] を選択します。
  4. シンプルボリュームを右クリックし、コンテキストメニューの [ボリュームの削除] を選択します。
  5. Disk 2 の周りの空白のエリアを右クリックした後、コンテキストメニューの [GPT ディスクへ変換] を選択します。
  6. [ディスクの管理] ウィンドウで、Disk 2 の [未割り当て] エリアを右クリックし、[新しいシンプルボリューム] をクリックして NTFS フォーマットで 3 TiB のボリュームを作成します。
  7. [新しいシンプルボリュームウィザード] で、次の手順を実行します。
    1. [次へ] をクリックします。
    2. シンプルボリュームのサイズを指定します。 プライマリパーティションが 1 つだけ必要な場合は、デフォルト値を使用して、[次へ] をクリックします。 [Disk 2] をいくつかのパーティションに分割もできます。
      最大 NTFS ボリュームは、理論的には 2 64-1 クラスタを含む NTFS の最大ボリュームです。 ただし、Windows XP Pro では、NTFS の最大ボリュームは 2 32-1 クラスタです。 たとえば、64 KiB のクラスタの場合、NTFS の最大ボリュームは約 256 TiB です。 4 KiB のクラスタを選択した場合、NTFSの最大ボリュームは 16 TiB です。NTFS はディスク容量に基づいてクラスタサイズを自動的に選択します。
    3. ドライブ文字またはパスの割り当て: ドライブ文字を選択してから [次へ] をクリックします。
    4. フォーマットパーティション: ファイルシステム、分散ユニットサイズ、ボリュームラベルなどのフォーマット設定を選択して、[クイックフォーマットの実行] および [ファイルとフォルダの圧縮の有効化]のいずれかを行うかどうかを確認します。 ここでは [クイックフォーマットの実行] を選択します。[次へ] をクリックします。
    5. ウィザードに表示されるプロンプトに従い、新しいシンプルボリュームの作成を開始します。 [完了] をクリックします。

フォーマットされたパーティションが完了すると、[ディスクの管理][Disk 4] のステータスは次のスクリーンショットのように表示されます。

Linux を使用した大容量データディスクのパーティション分割とフォーマット

Linux インスタンスに接続されている大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットするには、GPT フォーマットを使用します。Linux システムでは、大容量データディスクは通常 xfs または ext4 ファイルシステムを使用します。

次の例では、CentOS 7.4 64 ビットオペレーティングシステムを使用します。このセクションでは、parted ツールと e2fsprogs ツールを使用して、Linux インスタンス上の大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットする方法について説明します。処理対象のデータディスクが空の 3 TiB の新しいディスクで、デバイス名が /dev/vdd であるとします。

前提条件

Linuxインスタンスに parted がインストールされている必要があります。 そうでない場合は、yum install -y parted を実行します。

Linuxインスタンスに e2fsprogs がインストールされている必要があります。 そうでない場合は、yum install -y e2fsprogs を実行します。

データディスクがインスタンスにアタッチされている必要があります。 詳細は、「クラウドディスクのアタッチ」をご参照ください 。

手順

大容量データディスクをパーティション分割してフォーマットし、ファイルシステムをマウントするには、次の手順に従います。

  1. fdisk -l を実行し、データディスクが存在するかどうかを確認します。 データディスクが正常にマウントされると、次の結果が返されます。
    Disk /dev/vdd: 3221.2 GB, 3221225472000 bytes, 6291456000 sectors
    Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
  2. parted /dev/vdd を実行し、パーティション分割を開始します。
    1. mklabel gpt を実行し、パーティション分割フォーマットを MBR から GPT に変換します。
    2. ext4 ファイルシステムを使用して mkpart primary ext4 <StartSector> <EndSector> を実行し、プライマリパーティションをパーティション分割し、そのパーティションの開始セクターと終了セクターを指定します。データディスクが 1 つのパーティションにのみパーティション分割されている場合は、mkpart primary ext4 0 -1 を実行します。
      xfs ファイルシステムも使用できます。
    3. print を実行し、パーティションテーブルをチェックします。
      (parted) mkpart primary ext4 0 -1
      Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.
      Ignore/Cancel? ignore
      (parted) print
      Model: Virtio Block Device (virtblk)
      Disk /dev/vdd: 3221 GB
      Sector size (logical/physical): 512B/512B
      Partition Table: gpt
      Disk Flags:
      Number Start End Size File system Name Flags
      1 17.4kB 3221GB 3221GB primary
    4. quit を実行し、parted を終了します。
  3. partprobe を実行し、システムにパーティションテーブルを再読み込みさせます。
  4. 次のコマンドを実行して ext4 ファイルシステムを作成し、/dev/vdd1 パーティションに ext4 を使用させます。
    mke2fs -O 64bit,has_journal,extents,huge_file,flex_bg,uninit_bg,dir_nlink,extra_isize /dev/vdd1
    • データディスクの I/O パフォーマンスへの影響を避けるために ext4 ファイルシステムの lazy init 機能を無効化する場合は、「lazy init 機能の無効化」をご参照ください。
    • データディスクの容量が 16 TiB の場合は、指定されたバージョンの e2fsprogs を使用してフォーマットする必要があります。 「update e2fsprogs」 をご参照ください。
    • xfs ファイルシステムを作成する場合、mkfs -t xfs /dev/vdd1 を実行します。
  5. mkdir /testを実行し、/test という名前のマウントポイントを作成します。
  6. mount /dev/vdd1 /test を実行し、 /dev/vdd1 を /test にマウントします。
  7. df -h を実行し、現在のディスク領域と使用状況を確認します。

    返された結果に新しく作成されたファイルシステム情報が表示されていれば、マウント操作は成功しており、新しいファイルシステムを直接使用できます。 インスタンスを再起動する必要はありません。

    [root@izXXXXz ~]# df -h
    Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/vda1 40G 6.4G 31G 18% /
    devtmpfs 487M 0 487M 0% /dev
    tmpfs 497M 0 497M 0% /dev/shm
    tmpfs 497M 364K 496M 1% /run
    tmpfs 497M 0 497M 0% /sys/fs/cgroup
    tmpfs 100M 0 100M 0% /run/user/0
    /dev/vdd1 2.9T 89M 2.8T 1% /test
  8. (オプション) 新しいパーティション情報を /etc/fstab に書き込み、インスタンスの起動中に自動マウントパーティションを有効にします。
    1. (オプション) cp /etc/fstab /etc/fstab.bak を実行し、etc/fstab をバックアップします。
    2. echo /dev/vdd1 /test ext4 defaults 0 0 >> /etc/fstab を実行し、新しいパーティション情報を /etc/fstab に書き込みます。
    3. cat /etc/fstab を実行して /etc/fstab 情報を確認します。

      返された結果に新しいパーティション情報がある場合、書き込み操作は成功です。

付録 1: e2fsprogs のアップデート

ディスク容量が 16 TiB の場合、パーティションを ext4 ファイルシステムにフォーマットするには、バージョン 1.42 以降の e2fsprogs を使用する必要があります。 e2fsprogs のバージョンが低すぎると (たとえば、e2fsprogs 1.41.11)、次のエラーが発生します。

mkfs.ext4: Size of device /dev/vdd too big to be expressed in 32 bits using a blocksize of 4096.

この例の 1.42.8 など、それ以降のバージョンの e2fsprogs をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. rpm -qa | grep e2fsprogs を実行し、e2fsprogs の現在のバージョンを確認します。

    現在のバージョンが 1.42 より前の場合は、次の手順に従ってソフトウェアをアップデートします。

  2. 次のコマンドを実行し、バージョン 1.42.8 の e2fsprogs をダウンロードします。 『e2fsprogs』にアクセスして最新のソフトウェアパッケージを探します。
    wget https://www.kernel.org/pub/linux/kernel/people/tytso/e2fsprogs/v1.42.8/e2fsprogs-1.42.8.tar.gz
    
  3. 次のコマンドを順番に実行して、新しいバージョンのツールをコンパイルします。
    tar xvzf e2fsprogs-1.42.8.tar.gz
    cd e2fsprogs-1.42.8
    ./configure
    make
    make install
  4. rpm -qa | grep e2fsprogs を実行し、新しいバージョンのソフトウェアが正常にインストールされたかどうかを確認します。

付録 2: lazy init 機能の無効化

ext4 ファイルシステムの lazy init 機能はデフォルトで有効になっています。この機能が有効になっている間、システムのバックグラウンドで実行され、ext4 ファイルシステムのメタデータを継続的に初期化してメタデータの初期化を遅らせるスレッドを開始します。 したがって、データディスクをフォーマットした直後に、IOPS が影響を受ける可能性があります。

フォーマット直後にデータディスクのパフォーマンスをテストする必要がある場合は、次のコマンドを実行してファイルシステムのフォーマット中に lazy init 機能を無効にします。

mke2fs -O 64bit,has_journal,extents,huge_file,flex_bg,uninit_bg,dir_nlink,extra_isize -E lazy_itable_init=0,lazy_journal_init=0   /dev/vdd1

lazy init が無効になっていると、パーティションのフォーマットにさらに時間がかかる場合があります。 たとえば、32 TiB のデータディスクをフォーマットするには 10~30 分かかる場合があります。