用途

本ドキュメントでは、2 つの例を用いて、HTML フォームのファイルを直接 OSS に転送する方法を詳しく説明します。

  • 例 1: サーバー (PHP) に署名を追加した後、フォームを使用してファイルを OSS に直接アップロードする方法を説明します。
  • 例 2: サーバー (PHP) に署名を追加し、サーバーにアップロードするとき、コールバックを設定する方法を説明します。 次に、フォームを直接 OSS にアップロードします。 その後、OSS はアプリケーションサーバーをコールバックし、その結果をユーザーに返すことにも言及します。

背景

OSS ユーザーはアップロードサービスを使用することがあります。 これは、データが Web ページを使用してアップロードされ、一部のアプリでは一部の HTML5 ページが含まれるためです。 これらのサービスをアップロードする需要は大きいです。 多くのユーザーは、ブラウザとアプリケーションを介してファイルをアプリケーションサーバーにアップロードし、アプリケーションサーバーはアップロードされたファイルを OSS にアップロードします。

ただし、前述の方法には次の制限があります。

  • アップロード速度制限: ファイルはまずアプリケーションサーバーにアップロードされ、次に OSS にアップロードされます。 そのため、インターネットを介した伝送の作業負荷は 2 倍になります。 データがアプリケーションサーバーを経由せずに OSS に直接転送されると、速度が大幅に向上します。 さらに、OSS は BGP 帯域幅を使用するため、さまざまな場所の通信事業者に対し、高速通信を保証します。
  • スケーラビリティの制限: 将来ユーザー数が増えるにつれて、アプリケーションサーバーがボトルネックになる可能性があります。
  • 高コスト: 対照的に、OSS にファイルを直接アップロードする場合には、消費されるトラフィックは無料です。 データがアプリケーションサーバーを経由せずに OSS に直接アップロードされると、複数のアプリケーションサーバーのコストを節約できます。

基本

アプリケーションサーバーは PHP スクリプト言語を使用して署名を返します。 こちらをクリックし、例をご参照ください。

詳細

アプリケーションサーバーは、PHP スクリプト言語を使用して署名を返し、アップロードコールバックを実装します。 こちらをクリックし、例をご参照ください。