オブジェクトをバケットにアップロードすると、そのオブジェクトの URL を取得してダウンロードや、他のユーザーと共有などが可能になります。

始める前に

オブジェクトがバケットにアップロードされている必要があります。 詳しくは、 オブジェクトのアップロードをご参照ください。

手順

  1. OSS コンソールにログインします。
  2. バケット名のリストで、作成したバケットの名前をクリックします。
  3. バケットの概要ページで、ファイル タブをクリックします。
  4. ダウンロードまたは共有するオブジェクトの名前をクリックするか、オブジェクトの右側にある プレビューをクリックします。 プレビューページには、次のオプションがあります。
    • ダウンロード:オブジェクトをローカルストレージデバイスにダウンロードします。
      必要なオブジェクト数に応じて、次の方法でオブジェクトをダウンロードすることもできます。
      • 複数のオブジェクトをダウンロード:ファイルタブページで、複数のオブジェクトを選択してから、一括操作 > ダウンロード を選択します。
      • 単一オブジェクトをダウンロードします。ファイルタブページで、オブジェクトを選択してから詳細 > ダウンロード を選択します。
    • ファイル URL を開く:ブラウザでオブジェクトを表示します。 ブラウザで表示できないオブジェクト(Excel ファイルなど)は、URL を開くとダウンロードされます。
      警告 バケットにリファラーホワイトリストが設定されていて、空のリファラーが許可されていない場合、その URL をブラウザーで直接開くことはできません。
    • ファイル URL のコピー:オブジェクトの URL をコピーして他のユーザーと共有し、ユーザーがその URL を使用してオブジェクトを表示またはダウンロードできるようにします。
      また、次の方法でファイルの URL を取得することもできます。
      • 1 ファイル以上の URL の取得:ファイルページで、1 つ以上のファイルを選択してから、一括操作 > URL リストのエクスポートを選択します。
      • 1 ファイルの URL の取得:ファイル ページでファイルを選択し、詳細 > ファイル URL のコピー を選択します。
      ACL が非公開のオブジェクトの URL を共有する場合は、オブジェクトの URL を取得するときにプレビューページで 有効期間を設定する必要があります。 有効期間のデフォルト値は 3,600 秒で、最大値は 64,800 秒です。
      • 署名付き URL の有効期間は、NTP に基づいて計算されます。 オブジェクトの署名付き URL を他のユーザーと共有して、有効期間内に他のユーザーがその URL を使用してオブジェクトにアクセスできるようにすることができます。 オブジェクトの ACL が非公開の場合は、バケットに格納されているオブジェクトの URL に署名が追加されます。 詳しくは、URL への署名の追加をご参照ください。
      • バケットとオブジェクトの ACLを変更する方法の詳細については、バケット ACL の変更オブジェクト ACL の変更をご参照ください。
    • ファイルパスのコピー:オブジェクトのパスをコピーします。 オブジェクトを検索するとき、またはオブジェクトに透かしを追加するときにパスを使用できます(画像の場合)。