すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

シナリオ

最終更新日: Mar 20, 2020

API Gateway では、さまざまな場面で API をご利用いただけます。 API Gateway を利用することで、パートナーや開発者に API を公開して企業のコア能力を収益化し、API エコシステムを確立することができます。 API をモバイル端末やインターネット上のデバイスといったさまざまな端末に採用することで、システムのフロントエンドおよびバックエンドを分離できます。 さらに、完全にモジュール化されたマイクロ サービス ベースのシステムを作成できます。

1. サービスをあらゆる端末にアウトプットできるよう統一して実装

モバイルおよび IoT デバイスが普及するにつれ、ビジネス規模の拡大によりさまざまな端末、デバイスをサポートすることが求められており、システムはますます複雑になっています。 API Gateway を利用することで、設定を加えずに API Gateway で API 定義を変更するだけで、さまざまな端末に API を採用することができます。

  • サービスシステムを管理するだけで、さまざまな端末にアウトプット可能となります。 また、API の定義を変更のみで、アプリ、デバイス、WEB、その他さまざまな端末をサポートできます。
  • さまざまなシナリオそれぞれに特化した API を準備する必要はなく、運用管理コストは大幅に削減されます。
Multiterminal Unified

2. 容易なシステムへの実装と標準化

  • API Gateway で作成したシステム間インターフェイスを標準化し、システムの実装に標準化されたインターフェイスを利用できるようになります。
  • リソースの無駄や運用の無駄を最小限に抑えつつ、ビジネス開発にリソースを注力して、迅速にリソースを統合、管理することができます。
System Integration