Log Service は、IP アドレスを ID としてマシングループをサポートするようになりました。 Logtail が取得したサーバー IP アドレスを目的とするマシングループに追加すれば、同じ Logtail Config を使用してサーバーからログを収集できます。

始める前に

このタスクについて

イントラネット IP アドレスを指定していない場合でも、Alibaba Cloud イントラネットを介してログを収集できます。 サーバーログは、Alibaba Cloud ECS サーバーを使用し、ECS サーバーがプロジェクトが属するリージョンにデプロイされ、Logtail のインストール時に Alibaba Cloud intranet (クラシックネットワークと VPC) を選択した場合に限り、Alibaba Cloud イントラネットを介して Log Service に収集および送信できます。

手順

  1. サーバーの IP アドレスを表示します。 IP アドレスは Logtail によって自動的に生成されます。
    IP アドレスは、アプリ_info.json ファイルの ip フィールドに記録されます。

    Logtail がインストールされているサーバー内のファイルを表示できます。 ファイルパスは以下の通りです。

    • Linux の場合:/usr/local/ilogtail/app_info.json
    • Windows x64 の場合:: C:\Program Files (x86)\Alibaba\Logtail\app_info.json
    • Windows x32 の場合:C:\Program Files\Alibaba\Logtail\app_info.json

    こちらの図は、Linux サーバーの IP アドレスの例です。

  2. Log Service コンソールにログインし、プロジェクト名をクリックします。
  3. [LogHub - Collect] > [Logtail マシングループ] を選択して、マシングループ リストを表示します。
  4. 右上隅の [マシングループの作成] をクリックします。
    または、データアクセスウィザードで Logtail Config を作成してから [マシングループへ適用] ページで [マシングループの作成] をクリックします。
  5. マシングループを作成します。
    1. [名前] を入力します。
      名前の長さは 2 ~ 128 文字で、英字、数字、漢字、ハイフン ( - )、および下線 ( _ ) を使用することができます。 名前の先頭と末尾は、小文字または数字にする必要があります。
    2. 無効なコンテンツ
      マシングループの名前は、一度設定すると変更できないため、注意して設定を行ってください。
    3. [ID]IP アドレス に設定します。
    4. IP アドレス を入力します。
      この IP アドレスは 1 から取得したサーバー IP アドレスです。
      • 1で示される手順に従って、サーバー IP アドレスを取得する必要があります。
      • マシングループに複数のサーバーが存在する場合は、改行を使用してサーバーの IP アドレスを分離する必要があります。
      • Windows サーバーと Linux サーバーを同じマシングループに追加することはできません。
  6. オプション: [トピック] を入力します。
    マシン グループのトピックの詳細については、「 ログトピックの設定」をご参照ください。
  7. [確認]をクリックします。

タスクの結果

マシングループ リストで新規作成したマシングループを表示できます。