はじめに

  • Anti-leech 機能は HTTP リファラーメカニズムに基づいています。リファラー、つまり HTTP ヘッダーフィールドはソーストラッキング、ソースの認識および処理に使用されます。 リファラーブラックリストまたはホワイトリストを設定することで、訪問者の識別とフィルタリングを行い、CDN リソースへのアクセスを制限することができます。
  • 現在、Anti-leech 機能はブラックリストまたはホワイトリストの仕組みに対応しています。 訪問者がリソースのリクエストを起動し、リクエストが CDN ノードに着信すると、CDN ノードは、事前設定済みの Anti-leech ブラックリストまたはホワイトリストの設定に基づいて訪問者の ID をフィルタリングします。
    • ID がルールに準拠している場合、訪問者はリクエストしたリソースにアクセスできます。
    • ID がルールに準拠していない場合、リクエストは禁止され、403 レスポンスコードが返されます。

手順

  1. [ドメイン名] ページに移動して、ドメイン名を選択し、[管理] をクリックします。
  2. [リソースアクセス制御] > [Anti-leech][変更] をクリックします。
  3. [ブラックリスト] または [ホワイトリスト]を選択し、IP ネットワークセグメントを以下のボックスに追加します。
  4. [確認] をクリックします。

注意

  • この機能はオプションで、デフォルトでは無効になっています。
  • 編集する場合、ブラックリスト参照とホワイトリスト参照のどちらかを選択できます。同時に選択することはできません。
  • 設定後、ワイルドカードドメイン名のサポートが自動的に追加されます。 たとえば、a.com と入力すると、*.a.com のすべてのサブドメイン名が有効になります。
  • 空のリファラーフィールドを設定して、CDN ノードのリソースにアクセスできます (ブラウザーにアドレスを入力すればリソースの URL にアクセスできます)。