すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

同期オブジェクトの追加

最終更新日: Mar 20, 2020

DTS を使用すると、同期処理中に同期オブジェクトを変更できます。

前提条件

同期タスクが [同期プロセス中] または [同期失敗] ステータスの場合のみ、同期オブジェクトを変更できます。

開始時間

同期タスクが同期初期化の対象であるかどうかによって、新しく追加されたオブジェクトの同期開始時間が異なります。詳細は次のとおりです。

  • 同期タスクが同期初期化の対象の場合、新しく追加されたオブジェクトも同期初期化を実行し、初期化後にデータレプリケーションが開始されます。

  • 同期タスクが同期初期化の対象外の場合、同期オブジェクトは、現在の時点からソースインスタンスで生成された変更データのレプリケーションを開始します。

手順

  1. DTS コンソール にログオンします。

  2. データ同期ページの、ターゲットインスタンスの [その他]、[同期オブジェクトの修正] の順でクリックします。同期オブジェクトの選択ページで、同期するオブジェクトを追加します。

  3. 同期オブジェクトの選択ページで、同期するオブジェクトを追加します。

  4. 変更後、事前チェックが開始します。事前チェックに合格したら、[開始] をクリックして処理を完了します。

同期タスクが初期化を実行すると、同期オブジェクトが追加された後、タスクステータスが [同期中] から [同期中 (新規追加オブジェクトは初期化詳細)] に変更されます。この時点で、バックエンドは同期タスクを再開し、同期レイテンシは -1 s になります。再開が完了すると、レイテンシと同期速度は通常に戻ります。

同期タスクリストで [詳細] をクリックして、新しく追加されたオブジェクトの初期化の進行状況の詳細を表示できます。初期化が完了すると、同期タスクのステータスは [同期中] に戻ります。