すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

移行データのフィルタリング

最終更新日: Mar 20, 2020

データ移行タスクを設定するときは、移行データフィルターを使用し、指定した条件を満たすレコードを抽出することによって、ソーステーブルオブジェクトのデータレコードをフィルターできます。これは、通常の変更データレプリケーションやテーブル分割などのシナリオに適用できます。

このドキュメントでは、移行データをフィルタリングするために SQL で where 句を設定する方法について説明します。

制限

SQL フィルタリング句は、既存データ移行にのみ適用され、増分データには影響しません。

SQL フィルタリング句の設定

SQL フィルタリング機能は、移行タスクの作成中に [移行オブジェクトとタイプ] の設定の段階で呼び出すことができます。これは、データベースオブジェクトではなく特定のテーブルオブジェクトに使用されます。

SQL フィルタリング句を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [移行オブジェクト] ボックスで移行するテーブルオブジェクトを選択し、[選択したオブジェクト] ボックスに追加します。

  2. SQL フィルタリング句を設定する新しく追加されたテーブルオブジェクトの [編集] をクリックします。

    注意: [編集] ボタンは、マウスが [選択したオブジェクト] ボックス内の特定のオブジェクトの上にあるときに表示されます。

    edit

  3. 表の編集ページで、[フィルター条件] ブロックに SQL where 句を入力し、[構文確認] をクリックします。

    SQL where 句は、標準データベースの SQL 構文に準拠しており、計算と簡単な関数をサポートしています。たとえば、id > 1000 という句を使用して、ID 番号が 1,000 より大きいレコードを移行することができます。

    condition

  4. [OK] をクリックして完了します。

    SQL フィルタリング設定の後、データ移行タスクは、指定された条件を満たすレコードを持つテーブルのみを移行します。