すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

データ移行

最終更新日: Mar 20, 2020

このドキュメントでは、データ移行可能なソースとターゲット、および移行タスクの設定時に使用可能な移行タイプについて説明します。

ソースとターゲット

データ移行では、次のソースからターゲットにデータを移行することができます。

ソース ターゲット
IDC のオンプレミスデータベース
  • クラシック/VPC ネットワークの RDS インスタンス
  • ECS インスタンスデータベース
ECS インスタンスデータベース
  • クラシック/VPC ネットワークの RDS インスタンス
  • ECS インスタンスデータベース
RDS インスタンス
  • クラシック/VPC ネットワークの RDS インスタンス
  • ECS インスタンスデータベース
クラシックネットワークの Redis インスタンス
  • クラシックネットワークの Redis インスタンス
  • ECS インスタンスデータベース

移行タイプ

データ移行プロセス全体には、オブジェクト構造移行、既存データ移行、データ変更レプリケーションの移行タイプが含まれます。データ移行タスクを作成するときは、要件に基づいて移行タイプを選択する必要があります。

次の表に示すように、移行の仕様によって、サポートされる移行タイプは異なります。

仕様 オブジェクト構造移行 既存データ移行 データ変更レプリケーション
Oracle > RDS for MySQL サポート サポート 未サポート
MySQL > RDS for MySQL サポート サポート サポート
SQLServer > RDS for SQLServer サポート サポート サポート
PostgreSQL > RDS for PostgreSQL サポート サポート サポート
Redis > Redis サポート サポート サポート