このトピックでは、ApsaraDB for RDS の読み書き分離機能について説明します。 この機能は、MySQL と SQL Server に対してのみサポートされます。 この機能を利用すると、プライマリインスタンスの読み取りリクエストの負荷を軽減するために使用される読み取り専用インスタンスを作成できます。 データベースシステムでは、指定された読み取り重みに基づいて、読み取りリクエストと書き込みリクエストをプライマリインスタンスと読み取り専用インスタンスに自動的に転送します。

読み書き分離を有効にすると、データベースシステムは読み書き分離エンドポイントまたは読み取り専用エンドポイントを生成します。 このエンドポイントは、読み書き分離を実装するために使用されます。 読み取り専用インスタンスを作成することで、データベースシステムの処理能力を向上させることができます。 これにより、アプリケーションの構成データを変更する必要がなくなります。

参考資料