ユーザーが作成したデータベースから RDS インスタンスへのリモートディザスタリカバリ

DTS を使用すると、1 つのリージョンにあるユーザーが作成したデータセンターのデータベースまたは ECS にホストされたデータベースのデータを別のリージョンにある RDS インスタンスとリアルタイムで同期することができます。 この場合、データセンターが損傷を受けた場合でも、Alibaba Cloud で必ずデータのバックアップを取得できます。

データを同期する方法の詳細については、「データ同期タスクの作成」をご参照ください。

異なるリージョン間のバックアップと復元

RDS MySQL では、コンピューターのバックアップファイルを、コンピューターとは異なるリージョンに配置された OSS バケットに自動的に複製できます。 バックアップファイルの複製は、RDS インスタンスの管理および復元に使用されます。 詳細については、「リージョン間で RDS for MySQL インスタンスのデータを復元する」をご参照ください。