ApsaraDB RDS は、ハイエンドハードウェアを使用して、高性能のデータベースインスタンスを提供します。 これらのデータベースインスタンスを使用することで、パラメータの最適化、SQLの最適化、高速アクセスなどの利点が得られます。

パラメーターの最適化

RDS パラメーターは、Alibaba Cloud で働くデータベースのトップエキスパートが、本番環境での長年の経験に基づいて最適化したものです。 データベース管理者 (DBA) は、ライフサイクル全体を通じて ApsaraDB RDS を継続的に最適化し、ApsaraDB RDS インスタンスが最適なパフォーマンスで実行されるようにします。

SQL の最適化

ApsaraDB RDS では、効率の低い SQL ステートメントがロックされ、アプリケーションシナリオに基づいてビジネス機能に関連するコードを最適化するための推奨事項が提供されます。

ハイエンドハードウェア

ApsaraDB RDS で使用されるサーバーはすべて、最適なパフォーマンスと安定性を確保するために、複数の関係者によって評価されています。

高速アクセス

RDS インスタンスが同じリージョンに存在する Elastic Compute Service (ECS) インスタンスと一緒に使用される場合、これらのインスタンスは内部ネットワークを介して互いに通信できます。 これにより、応答時間が短縮され、インターネットトラフィックの使用量が低減されます。 ECS インスタンスの詳細については、「ECS の概要」をご参照ください。

パフォーマンスに関するホワイトペーパー

ApsaraDB RDS の利用開始

参考資料